2017年07月25日

怒らない技術 嶋津良智

実は嶋津さんとは何度か会ったことがある。
本人を知っているから尚更かもしれないが、文中で「自分は小心でビビリ」だとか「いつまでたっても自信がない」などと(傍目には非の打ち所ない成功者であるにも関わらず)弱い部分も開示しているのが実に好印象で、正直なのは良いことだなと思う。

本書の内容は、いくらか心の仕組みについて学んだ人なら知っていることばかりであるが、それが意味するところはつまり「ビジネスパーソンとしては、この程度の基本的なニンゲンの構造は知っていましょうね」という事だと思います。以下メモ。
・・・

●3つのルール
・命と時間を大切にする(怒っても結果は同じ・怒るだけ時間の無駄)
・人生は思い通りにいかない(と受け入れる=イライラしない)
・苦悩と喜びはパッケージ(苦労や失敗で磨かれ、それが成功の基礎になる)

●出来事に意味はない
自分の前に起こる出来事には意味はついていない。意味をつけるのはそれを受け取る自分。

出来事はただ起こる。雨が降るのに良いも悪いも意味はない。しかし、雨で営業に出かけるのが嫌だなと思うか、他の営業が出渋る今がチャンスだと考えるかは自分次第である。受け止め方・考え方は選択できる → 受け止め方次第で意味は180°変わり、怒りにも喜びにもなる。
つまり、感情も出来事の受け止め方、その選択次第でコントロールできる。多くの成功者は、感情コントロールの達人である。

●人生の成果も選択次第
上記のようなモノゴトの見方・考え方が根っこ/知識・技術・スキルが幹/行動・態度・姿勢が枝葉/果実が成果・結果

※考え方が行動を決め、行動が結果を導くのは理解できますが、考え方の根っこには、その人の「在りよう」が存在していると思います。そのためか、著者も、「何のために生きるか、哲学が重要」としています。

●人を動かそうとしない
他人は変えられない。動いてほしければ、人が動きたくなるような環境を作る。

●他人の責任にしない
日々の多くの選択の結果がいまの自分である。他責にしない。

●怒り、イライラと無縁になる25の習慣(面白かったものを抜粋)
・迷ったら決断しない 無理にしなくても、本当に大切なことはいずれ「よし」と思う時が来る
・目標は低く 達成できる事を積み重ねる。成功体験の積み重ねがやる気と自信を生む。
・三合主義 助け合い、分かち合い、譲り合い
・ささいな事で自分を褒める

●怒り、イライラが消える11の特効薬(抜粋)
・これは神様が自分を試しているに違いない(と考える)
・これはちょうどよい!と言ってみる(「解決社長」ゲームと同じ)
・感情のコントロールが難しい時にはちょっと逃げる。気分を変える。席を外す。散歩する。
・不愉快はマメに吐き出す。溜めない。
・まあいいか!と(諦めるのではなく)見極める。

・・・

まずまず悪くない内容です。出来事に意味はなく、その解釈によって初めて意味付けがなされ、それが怒りやイライラを生んでいるという構造も納得できます。

ただ、解釈を変えることによって意味付け〜感情を変えようとする手法には限界も感じます。意味の付いていない出来事=事実を、なぜ人間は解釈(という事実ではないフィルター)に掛けてしまうのか?そのあたりの心理の深みまでは掘り下げていません。
本来は、「最初から解釈自体が起こらない」「ただ事実とのみ在リのままに居る」状態まで持ってゆければ、怒り・イライラを含むあらゆる悩みから開放されると思うのですが、それは書物、しかも新書で語れる内容ではないでしょうから、ビジネスパーソン向け実用版「怒らない技術」としては、ひとまずこれで良いでしょう。

読むべし!




posted by 武道JAPAN at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。