2012年04月25日

プーチン最後の聖戦 北野幸伯

著者の北野さんはモスクワ在住。
卒業生の半数は外交官に、残りはKGBに行くと言われたモスクワ国際関係大学(MGIMO)を日本人として初めて卒業。驚くべき洞察力で国際情勢を鋭く、しかも判りやすく分析してみせる殿堂入りメルマガ「ロシア政経ジャーナル」の発行人でもある。

彼の著作(本書で4冊目+電子書籍1冊)はすべて読んでいますが、ややこしい世界情勢を実にスッキリと判りやすく、キレイゴト抜きで的確に描き出してくれます。

本書のタイトルには「プーチン」が掲げられていますが、彼を中心にしたロシア(およびかつてのソビエト圏)の政治状況はむろんの事、世界全体の国際情勢が見事に俯瞰されています。これまでに起こった事が証拠つきで明示され、今後の世界で何が起こるかもハッキリと書かれています。
経営や投資に携わる人はもちろん、ひとりでも多くの日本人に読んで欲しい一冊です。なぜなら、次のような地殻変動には、すべての人が巻き込まれるからです。

●いままで

・日本はアメリカの天領
・世界では国家間の絶え間ない闘争
・しかし天領ニッポンはアメリカの庇護の下で何も知らず平和ボケ

●今後10年程度のうちに

・米中二国の覇権争いが進む
・じょじょにアメリカは没落し、世界の覇権国から地域の一大国へ
・日本はアメリカの庇護を失い、強大化した中国と自ら対峙!?

日本を取り巻く環境がなぜ上記のように変化するかは本書を読めばわかります。本当にそうなるのかは、読んだ後で自分でも考えてみてください。ただ断言できるのは、このような変化が「来るか、来ないか」の議論は無効で、「来た場合」を考えて備える必要があるという事です。それが安全保障というものであって、「想定外でした」ではすみません。
個人的には、アメリカが21世紀の成長センターであるアジア地域への関与を手放して南北アメリカ大陸経済圏に隠遁する・・という状況は近未来にはありえないだろうと思いますが、日本に軍事的な庇護を与え続け(られ)るかはまた別の話です。

ほとんどの日本人は、自分たちの乗っているタイタニック号がどこを目指しているのか、どういう理屈で時々航路を変えているのか、外では何が起こっているのか、進んでいく先に何が待ち構えているのか・・を、よく知らない3等船客のように見えます。アメリカが「自由と民主主義のため」と言えば、素直に「そうだよね〜」と信じてイラク戦争を支持してしまう。そんなキレイゴトに騙されるのは日本人だけで、美辞麗句の裏で自国の国益のみを追求するアメリカを、世界の国々はなんとか引きずりおろそうと画策してきました。その経緯も、本書に詳しく書かれています。知らない人には驚天動地の事実でしょう。
日本人がこういった事情に疎いのは、けして知性がないからではなく、上記のように日本がアメリカの天領であり、英米は支配下においた国の面倒見はわりといいほうなので、難しい国際情勢をアメリカ任せにして経済だけやっていればよかった・・というシアワセな時代が長く続いたからです。以前のエントリーにも書きましたが、どこかの国の家来でいるなら、まあアメリカが一番マシで、しかしもう、その時代が終わりつつあるという事です。

これからもアメリカは世界の最強国のひとつでありつづけるでしょうし、日本にとって最も重要な国のひとつでしょう。また、アメリカ後の世界は中国の天下になるのか・・といえば、これはそう単純ではありません。そのあたりも、本書から読み取って頂きたいところです。ただいずれにしろ、私たち日本人には過去数十年とはレベルの違う国際情勢に対するシャープな感覚と、多極化した世界を生き抜いてゆく知恵が求められます。

目覚めよ!既に我々は変化の中にある。


読むべし!!





posted by 武道JAPAN at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。