2012年01月29日

ワイルド・ソウル 垣根 涼介

第六回大藪春彦賞・第二十五回吉川英治文学新人賞・第五十七回日本推理作家協会賞の三冠同時受賞作品。

小説のエントリーが続いて恐縮ではありますが、やはり面白い本は紹介しないと勿体ない。

信用できる人からの推薦があって購入。最近は人のオススメを素直に聞くという態度が出来てきて、おかげで良い本に会える機会が増えている。ニンゲン、素直が大事だね。

で、今度はこうしてブログで紹介するわけですが、予定のない連休の前、とかに読み始めるのをお奨めしたい。なぜか?想像がつくと思うけど、途中でやめられなくなるからです。

この国には昔から性根の腐った部分があります。国民の命を守らず、むしろゴミのように無駄遣いして捨てる。最たる例が「特攻」であり、最近では原発事故における政府・官僚の不作為でしょう。SPEEDIのデータを公開しなかったために、どれほどの市民が無用な被爆をしたのだろう。

元外交官の佐藤優氏が喝破するところによれば、こういうことです。
----------
明治憲法以来、官僚は政府ではなく天皇に忠誠を誓う組織であったが、敗戦後、天皇は権力中枢から降りてしまった。その後、官僚機構は漠然と「日本国」のために働き、彼らが集合意識的に志向する「正義」によって動いている。
官僚達にとっての「正義」とは、日本国&エリートとしての自分達であり、国民などは有象無象・・何も考えず手足として黙って働いて税を収め、国家の都合によっては簡単に打ち捨ててよい存在・・でしかない。(「小沢革命政権で日本を救え」より管理人が要約)
----------

本書は、日本政府・外務省が行った戦後最悪の「棄民政策」を追って始まる。

「ブラジルでは家付きの農地が支給され、努力次第で必ず成功できる。」政府の口車に騙され、親戚から借りたなけなしの金で船に乗った貧しい移民たち。だが彼らは移民ではなく、口減らしのための棄民だった。すべてが嘘だった。故郷に戻る術もない彼らが送り込まれたのは、農地どころか野生のままのジャングルだった。地獄のはじまりだった。

わかりますよね?もうこれ、途中で読むのをやめられないです。

彼らの運命、慟哭、怒り、哀しみ、蕩尽されてゆく命。
文明から隔絶された入植地。そこから徐々に消えてゆく家族。あるものは病に倒れ、あるものは獰猛な自然との格闘に絶望して逃亡する。しかし逃亡した先にも、異国で社会の最底辺を乞食同然に這いずり回る運命しかない・・

しかし、一人の男が細い蜘蛛の糸を辿るようにそこから這い上がり、すべての家族が死に絶えた入植地に戻ったとき、ある運命が待っていた。

後半は、彼ら移民たちが日本政府と「ケリをつける」話に盛り上がってゆきます。入念に準備された日本国、政府・官僚機構との対決・・ますます読むのをやめられないです。

前半の重苦しさを、後半の痛快さがうまく中和しています。主人公ケイの底の抜けた明るさが、物語全体のトーンを救っています。彼に絡んでくる脇役たちも、一人ひとり顔が見えるほど明確な個性があります。

ずばり男性向けです。過激なエロシーンもありますので、大人の方だけ読んで下さい。

読むべし!






posted by 武道JAPAN at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。