2012年01月22日

本格小説 水村美苗

2002年読売文学賞受賞。

最近はあまり小説を読まない・・と以前のエントリーに書きましたが、それは比率が減っているという意味であって、まったく読まないわけでも興味がないわけでもありません。それに、比率が減った割には「当たり」の確率は高くなっていると感じます。

本書も「当たり」の一冊。いや「大当たり」の一冊です。

著者は、以前UPした「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」(すごい本だった・・)の水村美苗氏。「日本語が・・」は評論だったわけですが、それ以前の著作はすべて小説で、「数年に一度、実に読み応えのある小説を発表する作家」との情報もあったので、試しに読んでみるか!と購入。

いや、試しに・・という気軽な調子には相応しくないかもしれません。なにしろ上下巻1000ページ。装丁も麗々しい。なによりタイトルが「本格小説」です。
このタイトルは冗談でつけるか、でなければ相当の内容が伴っていないとつけられないと思いますが、「日本語が亡びるとき」で知った著者の力量を考えれば、とても冗談とは思えない・・などと思いつつ読み始めたのですが、やはりその日は予定外の夜更かしをする羽目になり、翌日からは10分間だけ電車に乗る間も、昼飯を食う間も、待ち合わせの隙間も惜しんで読みふけりました。

本格的な小説でした。

どうせ読むならこういう本を読んだほうがよい。1000ページが全然長くない、どころか、残りページが少なくなるにつれ、終わるのが惜しくなってくる。著者の、日本語表現力の高さが読みやすさを後押ししています。

恋愛小説でした。

それも一途で、せつなくて、生涯を捧げた、大人の男が読んでも引き込まれる、大恋愛小説でした。

・・・

戦後、まだ日本に「階級」が厳然と残っていた社会で、裕福な家庭に生まれた娘・よう子と、中国から乞食同然に逃げ帰ってきた貧しい家の子・太郎が出会う。

階級があり、生まれつき持てるものと持たざるものの絶望的なまでの落差があり、だからこそ、その落差を攀じ登ろうとする飢餓感があった社会。

太郎はアメリカに渡り、実力で大富豪にのし上がり伝説の男となる。いっぽう、華やかだったよう子の一族は凋落の一途を辿ってゆく。

この二人の、運命や階級を乗り越えようとする大恋愛を核とし、彼らを取り巻く多彩な登場人物たち、その一族の物語を、多重構造の語り手たちが「軽井沢」という舞台を中心に紡いでゆく。

・・・

太郎の子供時代から青年期の運命にハラハラし、世代を経るに従って光と力を失って行くよう子の一族に、明治維新をピークとして小粒化して行くばかりの日本の近代を重ねてイメージし、最後に明かされる物語の主要な語り手である冨美子と太郎の関係にあっ!と驚き納得します。

「日本は軽薄、というより稀薄な国になってしまった」

太郎の言葉に、かつて階級・大家族というものが厳と存在していた重厚な社会が、なんだか拠り所のないフワフワした世界に変わってしまった虚無感を感じます。

自由と平等を無条件に「良きもの」として進んできた戦後日本ですが、フラットな水面が静かで美しくはあっても活力に欠けるように、落差がない社会には流れも勢いも生まれないでしょう。きれいごとを抜きにして言えば、階級というものは現実に存在しますし、悪平等で覆い隠すのではなく、むしろそれが目に見える必要があると思います。大事なのは、階級を固定させないこと、努力や才覚で格差にチャレンジできることであり、それこそが社会のダイナミズムを生む原動力となるはずです。特に、(偏差値エリートではなく)天下国家の行く末を我が事として考えられる、真の意味でのエリート階級が求められます。
見えにくい階級化がひそかに進み、若い世代に「チャンスがない。努力しても報われない」という無言の絶望感が広がるのは最もいけません。

日本に階級があったころを舞台にしてこそ描けた”本格小説”。

堪能してください。

読むべし!





posted by 武道JAPAN at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。