2010年12月25日

貧者を喰らう国 中国格差社会からの警告 阿古智子

前回のエントリーで古きよき上海の百年を見たので、今回は現代中国を。本書の著者は、早稲田大学国際教養学部准教授。現代中国の社会変動が主な研究テーマ。ジャーナリストではなく研究者です。

中国と日本は、歴史上、多大な影響を与え合ってきましたが、日本から見れば中華文明は、西洋文明・イスラム文明などと同じくらい別種の文明です。(→ハンチントン「文明の衝突」
おそらく世界中の多くの国々から見ても中国は理解しにくいでしょうが、我々にとっては文化が似ているという幻想があるため余計に戸惑いが多いようです。

そのためか、巷には漠然とした中国脅威論から(時に嫌中感情を込めた)中国崩壊論まで両極端があって評価が一定しません。しかし、日本にとって中国は、増長しても迷惑だし、崩壊しても困る相手です。実態を冷静に見なくてはなりません。

また、単純に「中国」と、ひとくくりに捉えるのも考えものです。地域によって置かれた状況は多様ですし、共産党政府と中国民衆は分けて考える必要があります。いや、その共産党だって一枚岩ではありません。以下メモ。

●差別的な戸籍制度

中国は建国後、まずソ連式の重工業を発展させる政策をとり、外貨獲得のため農産物の輸出を計った。また、中国には「民以食為天」(為政者は、まず人民を食べさせる事に腐心すべし)という考えがある。世界の穀物の5分の1を消費する中国では、安全保障上からも巨大な人口の食糧確保を優先する必要があった。しかし、中国の農業は大規模化が難しく、効率が悪い。国土は広大でも耕作に適した土地が少なく分散している。

そこで、農民を農業に縛り付けておくため都市戸籍と農村戸籍を分断した。農村出身者は都市への移住ができず、住んでも医療や教育などのサービスは受けられない。やがて沿海都市部の発展を優先するケ小平の「先富論」もあって都市住民は豊かになったが、農村の貧困は改善されないまま残った。

農村の状況を改善するため、灌漑設備の導入や農地の共同購入等の施策を講じようとしても、コミュニティー内部に信頼がなく、誰もが自分の権利に固執するため協力関係が築けず、農民同士の利害調整ができない。

豊かになった都市住民は、自らの既得権益を守ろうと農村からの流入者を差別する。地域間、都市と農村の格差は、修復不能なレベルに達している。

●土地制度の問題

土地の私有は認められていないが、都市部では70年という長期の借地権があり、かなり自由に貸与や売買もできる。農村部では30年が限度であり、農民個人ではなく「集体」と呼ばれる組合や経済団体に貸与される。耕作しても自分のものにはならず、いつ取り上げられるか分らないため農民のモチベーションはあがらない。実際、地方政府が農地を騙し取った例さえある。

土地の私有を認め、農民の権利を守るべきであるが、充分な教育を受けておらず、情報も不足している農民に私有させれば、法の抜け道に長けた者や、強権を振りかざす役人に収奪されるおそれが大きい。土地問題も簡単には解決しない。

●信頼と公平さ〜市場経済が機能する土壌がない

中国には、日本のような献血制度がないため、貧困農民に売血が横行した。政府が主導して血液を買い上げたが、器具を充分に消毒しなかったため、村中にエイズが蔓延してしまった。しかし、政府は何の補償も与えず、被害者は近隣住民から差別を受けている。

また、追加費用を払えば希望の学校に入学できる「択校」という制度があり(政府も公認している!)、親たちは必死に金策する。これを見ている子供たちに掛かるプレッシャーは凄まじく、慢性的な疲労や睡眠不足、自殺が多発している。19〜34歳の青少年における死因の第一位は自殺である。(中国での自殺は年間10万人中23人で日本とほぼ同じ。国際平均の2.3倍。)

上記の例の通り、不公正で不明瞭な法の運用がまかり通っている。市場経済が機能するためには、公平で公正なルールが基盤条件であるのに、政府が自ら不公正をつくりだし、恣意的な運用をするため、社会全体に信頼が存在せず、疑心暗鬼の中で資本主義以上の過酷な競争社会になっている。

・・・

「信頼」も「公平」も存在せず、それを期待する事もできない。誰もが相手を出し抜こうと狙っており、自分が少しでも優位に立つために必死な社会。なんというストレスフルな環境でしょうか。

人間が基本的に正直で騙しあう事がなく、社会全体が概ねバランスよく豊かになった日本と違い、一部のものだけが豊かになり、取り残された膨大な農民達は永遠に農業に縛り付けられる。。これでは、まるで中世ヨーロッパや帝政ロシアの農奴ではないか?
そして、その経済格差は、今や巨大すぎて解消不能・・と、まさに強者が貧者を喰らう構図が見てとれます。

さらに、グローバル資本主義の洗礼を受け、急速に恋愛・結婚観や、家族・地域との関わりが変貌しているようです。詳しくは本書を読んでいただきたいですが、戦後の焼け野原から高度成長期を経てバブル・・と、日本が長い時間を掛けて体験した社会の変化を、2倍速・4倍速で突き進んでいるようです。巨大なものが不安定なまま加速している様には、正直言って不安を感じます。しかし、我々はこの隣人の姿を注視しておかなくてはなりません。

著者自ら、中国の農村部に入り込み、現地の人々と生活を共にし、前ぶれもなく警察に拘束されるなどの経験を経てレポートされた本書は、刺激的なタイトルから想像されるような単なる嫌中本ではありません。現代中国の抱える問題点を把握するために、きわめて信頼度の高い一冊です。

読むべし!




posted by 武道JAPAN at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。