2010年08月28日

これからの「正義」の話をしよう − いまを生き延びるための哲学 マイケル・サンデル

本書の下敷きになったのは、年間千人が受講するというハーバード大学の超人気講義。
あまりの評判に公開授業の様子がTV番組化され、日本でもNHKが「ハーバード白熱教室」というタイトルで放送したらしい(残念ながら見ていない)。

講義を受け持つマイケル・サンデル教授は、米国の政治哲学者。
「哲学」というと抽象的で難解な議論を想像します。たしかに本書にも、アリストテレスやカントなどが登場しますが、講義は極めて具体的な事例から出発し、そこに含まれる「正義」の本質を抽出してゆきます。例えばこんな風に。

・・・

あなたの運転する電車のブレーキが壊れた。
前方に5人、支線に1人の作業員。さてどちらにハンドルを切るべきか?

大多数の人は、1人を犠牲にして5人を助ける道を選ぶだろう。これは、より多数の幸福を求める「功利主義」の考えで、何となく正しい原則のような気がする。

では次に、あなたは橋の上から同じ状況を把握している。今度は支線はない。目の前に太った男。彼を突き落とせば列車は止まり、5人は助かる。(あなたは小柄すぎて、自ら飛び込んでもダメ)この時、突き落とすか?

大多数の人が、「それはいけない」と感じるだろう。でも、それは何故か?功利主義の原則(少ない犠牲で多数を助ける)はどこへ行った?

・・・ここで初めて、功利主義が人の命や行為の「質」といった、計数化できないものを捨象してしまっている事に気づいてくる・・といった仕掛けだ。とても面白い。人気講座の理由が垣間見えるのである。

本書には、「正義」の基準として、3つの立場が紹介される。

1)「功利」
最大多数の最大幸福。福祉を主眼にする。
より多数の幸福が、より少数の不幸を上回るべきと考える。

2)「尊厳と自由」
個々人の自由な選択は何者にも侵されたり、強制されるべきではないと考える。
ロックやカントに由来する古典的な自由主義/現代の所謂「リベラル」の基礎とも言えるジョン・ロールズの自由主義/そして小さな政府や、経済の新自由主義の考えに繋がる「自由至上主義(リバタリアニズム)」など。人間の理性に立脚した、中立的で普遍的な原理を求める。

3)「美徳」
人間は所属するコミュニティと無関係に存在しておらず、個人のアイデンティティは共同体の持つ伝統的な物語と密接に関わっている。誰しもどこかの国民であり、家族であり、その立場を無視した善は選び得ない。よって、コニュニティの持つ価値基準や道徳を、政治上の判断にも取り入れるべきと考える。著者の立場はこれで、「コミュニタリアニズム(共同体主義)」と呼ばれる。

「功利」や「自由」、リベラルには大きな欠陥がある、というのがサンデルの主張だ。人間の社会を計数で割り切り、質的な違いを切り捨てて単一の価値を当て嵌めフラット化してしまうからだ。そこに美徳が涵養される豊かな社会があるとは考えられない。
(実際、個人の自由や権利ばかりを主張し、公共の道徳が忘れ去られた現代日本を、誰も「豊かな社会」とは思えないでしょう)

伝統や道徳と聞くと、日本では保守が喜びそうな論に聞こえるが、サンデルの思考は先を目指す。無色な「リベラル」を否定し、血の通った共同体の正義=共通善を探しだそうとしている。回帰ではなく「これからの正義の話をしよう」なのだ。ただし、間違っても全体主義への道を開くような議論ではない。

とはいえ、サンデル教授も「共通善」とは何かについて明確な答えは用意していない。

それはそうだ。ちょっと想像すれば判ることだが、多様な価値観を持つ人々が入り交じって暮らす現代社会を、「ズバッと」一刀両断する答えなど簡単に導き出せない。だから、「これからの正義はこれだ!」と断ずる答えが欲しくて本書を読んでも無駄であるし、「結論が無いじゃないか」と批判するのは的外れだろう。

サンデルは、安易な功利主義や、「個人の自由でしょ!」などという主張に屈せず、我々にとって「共通の最善」を生む社会を求め議論し考え続けろ、と言っているように思える。

(日本だって他人事ではない。歴史の経緯から見れば明らかに日本からの働きかけの結果として、現在も多数の朝鮮半島出身者と、その子孫が日本に暮らしている。その全ての「われわれ」にとっての共通善とは何だろうか?)

これに関連した問題提起もある。
国家は過去の過ちを謝罪すべきか?」だ。

人は属するコミュニティと無関係に存在していないとするサンデルの考えに依れば、我々は過去の罪を謝罪すべきである。先祖からの名誉ある伝統も恥ずべき罪も、共に背負ってこそ共同体の一員と言える。(日本の過去の行為が罪かどうかの議論は、ここでは置く)

しかしそれでもなお、「ときには、公式謝罪や補償の試みが有害無益となることもある。昔の敵意を呼びさまし、歴史的な憎しみを増大させ、・・・反感を呼び起こす」とし、「謝罪や弁償という行為が政治共同体を修復するか傷つけるかは、政治判断を要する複雑な問題なのだ。答えは場合によって異なる。」としている。(戦略も無く恒例行事の様に謝罪する首相には、もう少し知性を働かせてもらいたい。)

・・・

す〜ご〜〜い〜〜〜 ・・・面白いです!

哲学的な思考経路に慣れていないため、読み進めるのに時間がかかりましたが、報酬はでかい!隘路に行き詰まっているかのように見える日本社会というコミュニティの今後を考える上でも、大変に参考になりました。

様々な刺激を受けたのですが、やはり印象に残ったのは、サンデル教授の「豊かな社会とは何かを考え続けろ」というメッセージでした。

山本七平さんも指摘していることですが、日本人は異民族との擦り合わせ(ラクダで行き来して交易するとか、異民族が攻めてきて蹂躙されるとか)の経験が薄いため、根本的に考え方・感じ方の違う人々と出会うと、自分を主張するのが下手です。同じ民族だけで暮らし、習慣に従っていれば大体の事はうまく行き、以心伝心で気持ちも通じてしまい、「これってなぜだっけ?」と本質を掘り下げて考える必要が無い。結果、突き詰めて議論せずKYで動く民族が出来上がっています。そんな日本人は国際舞台で存在が弱い。(→比較文化論の試み 山本七平

しかし、変貌する21世紀に向かい、「我々にとって最も素晴らしい社会は、どんなルールを基盤にすべきか?」を考えざるを得ない局面に来ているのではないか?少なくとも、「世界第2位の経済大国」を中国に渡したというのに、ほとんど話題にならないところを見ると、どうやら日本人は経済的繁栄が次の答えではない、と知っているようです。

しかもどうやら、「次のモデル」を指し示してくれる外国のお手本は無さそうです。日本人は、自ら深く考えて、進路を選び取らなければなりません。日本人全体で。
その過程で、「日本という共同体」を、再び結び直す・・という重要な作業を経る事になるでしょう。

読むべし!読むべし!そして考えるべし!




posted by 武道JAPAN at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 著/マイケル・サンデル
Excerpt: 『社会人の本棚』にようこそ。いらっしゃいませ。今回、ご紹介するのはこちら 『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 著/マイケル・サンデル』です。 ...
Weblog: あなたに必要な一冊 目次と紹介(ビジネス書評)
Tracked: 2010-12-03 02:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。