2010年06月27日

日本経済の真実 ― ある日、この国は破産します 辛坊治郎 辛坊正記

参院選も近いし、現下日本の問題点をざっと整理できる本として一読をお薦めします。

ニュースキャスターの著者らしく、日本経済の問題点を判りやす〜くまとめた書です。
GDPとは何か?から始まって、なぜGDPの成長が必要か、成長を支える基本要素は何か・・と、「今さら聞けない」レベルからサクサクと書かれていて読みやすいです。
経済の専門家ではないので大雑把な記述はありますが、やはり専門家ではない一般国民が知っておくべき内容としては充分かつ適切と思います。Amazonでは否定的な書評が妙に多く奇異な感を受けますが、言われている事の骨子は非常に正しいと思います。

以下メモ
--------
●企業でも国家でも、成長のためには「稼いだお金の有効投資」が必要。
国民が積み上げた貯蓄で国債が買われ、それを原資に政府が公共事業をするのは悪ではない。問題は「どう使われるか」。
役所の利権拡大、政治家の人気取り、競争力を失った産業の温存や一時的な浮揚効果しかない政策につぎ込んでしまうと、貯蓄を失い成長もできない。
国民は、政府や官僚が「将来の成長に資する有効な投資」をするのか監視すべし。

●高度経済成長時代の夢を追ってもダメ。
日本はとっくに最先端の先進国であり、追いつき追い越す相手はいないのだから自ら新しいモデルを切り開くしかない。
iPODやWindowsOS、Googleや「アバター」のような3D映画など、20年前のベンチャーが、今や米国産業の屋台骨に成長している。政府は将来の日本を支える新産業育成に力を入れよ。

●格差社会が訪れたのは、小泉改革と関係ない。
真実は、90年代グローバリズムによって後進国に技術が普及し、”余人を持って代えがたい能力のある人”と”誰にでもできる仕事を途上国と取り合う人”に分かれた結果。
この世界的潮流を見ずに、当時の日本は政治改革(与野党の政争)・行政改革(政府と官僚の権力闘争)をしていたが、小泉政権が登場して格差の拡大は止まり失業率は低下した。
格差社会を小泉改革の責任にする”すり替え”は、改革によって既得権益を失う者たち(例:ゆうちょや官僚、特殊法人など)の意図的なアジテーションではないか。

●農水省が発表するカロリーベース食料自給率はデタラメ。補助金をばら撒く為の政治的データであって、実態を示していない。例えば、米を作るのに必要な肥料やガソリンは無視されている。石油が輸入できなくなれば、機械化された農業は破綻し稲作は壊滅する。国益より省益の一例。

●民主党政権になって、「官から民へ」に逆行する動きが見られる。国民が期待した通り、官僚の既得権益に切り込む事ができるのか?
(管理人:官内閣になって、すぐ消費税UPを言い出したが、財務官僚に取り込まれてはいないか?)

●日本を滅ぼす悪の呪文

・経済より心の豊かさ
心の豊かさは当然大事だが、衣食足りて礼節を知るのが人間。大卒の3割に仕事がなくては、それ以前の問題。

・大企業優遇はやめろ
競争が激化する世界市場で戦えるような大企業が儲からないと、その傘下にいる中小は立ち行かないし日本を支えられない。配分の不公正は是正すべきだが、大企業をいじめて良い事はひとつも無い。法人税を下げて企業の競争力を強化し、海外から投資を呼べ。

・外資に乗っ取られる
安物の民族意識で感情的に考えてはダメ。外資が来るという事は、日本に投資が行われ、雇用が生まれて消費が増え、成長するという事。将来性に期待しないと誰も投資しない。

・金をばら撒けば景気が良くなる
現在のように個人金融資産が莫大にあっても消費が伸びない時は原因が違う。
※欲しいものが無い → iPADや「アバター」は売れる。日本企業が魅力的なサービスを生み出していない。産業構造の転換を支援すべき。
※将来が不安 → お金をばら撒いても貯金してしまう。安心な社会保障の創出が必要。
--------

・・と、薄くて読みやく簡潔に的確にまとまっています。上記以外にも参考になる記述が豊富なので、ぜひ読んで欲しい一冊です。

「あとがき」に書かれた言葉におおいに共感しました。

「『20世紀の後半、平和で豊かに栄えた国があった。資源に恵まれなかったこの国は、勤勉で礼儀正しく自律精神にあふれた国民が熱心に勉強し働いて作り上げた。豊かさに慣れた国民はやがて国へ依存し、矜持を忘れた政治家やメディアと、縦割り行政の中で自らの利益を優先する官僚組織に蝕まれ、今は歴史の彼方に消えてしまった』
我々の子孫がそのような外国の教科書を読む日が来ないよう、頑張れ日本人。」

読むべし!




posted by 武道JAPAN at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。