2010年02月27日

投資戦略の発想法〈2010〉 木村 剛

まさに良書です。「他の投資本を100冊読むより、この本を100回読んで頂きたいのです。」というオビの言葉を信じてよろしいです。

著者の木村さんは東大経済学部卒業後、日銀勤務を経て金融コンサルティング会社を設立。

本書は2001年に初版が発行され、漸次改定を加えながら版を重ねつつ最新の経済情勢を織り込んで2010年版として出版されたもの。

株やFXで一攫千金を狙うような投資本の類を想像してはいけません。むしろ全く逆です。投資行動の中核は「仕事」である、と説きます。本業で一流になる事がもっとも重要な投資行動であり、株や為替の動向に一喜一憂して本業に差し障りが出るなど本末転倒、と論じます。

きわめて良心的な内容で、将来のために一定の資産を築きたいと願う平均的な市民は、本書の内容を学べば十分な知識が得られます。というより、最初にこの本を読むべきだと言えます。

・まず収入範囲内で生活する。借金に頼るような生活態度は改める。
・仕事で一流になる努力をする。最も重要で中核的な投資行動は仕事から発生する収入である。
・節約する。年利10%を投資で得るのは簡単ではないが、10%の節約はあなた次第で可能。

・・と、まず「仕事」と「節約」の両軸を確立する。そのうえで、

・家は買わない。
・あなたと、あなたの家族が2年間暮らせる生活防衛資金を貯める。
・生活防衛資金ができたら、リスクを許容できる範囲で投資を始める。

として、

5分割ポートフォリオ/株の長期保有/20銘柄選別投資・・

など具体論が紹介されます。

経済全般の基礎知識や資産形成の考え方と方法論、果ては日本がデフォルトする可能性までを見据えた資産防衛戦略まで網羅されています。

・資本主義経済が存在する限り、短期的変動はあっても長期的には株は上がり続ける。
・株式市場は、かなり先までの社会・経済状況を織り込んでいるので、プロの投資に先んじて個人投資家が「誰も知らない最新情報」で儲けられる可能性はまずない。
・年度ごとの成績を評価されるプロのファンドマネージャーと違い、個人投資家は時間に縛られることがない。ならばプロに出来ない「長期投資」で、「ゆっくり確実にお金持ちになる」べし。
・詐欺師の横行は断つ事ができない。「うまい話」はない。絶対にのってはダメ。
・多くの投資本が投資信託を薦めるが、継続して良い結果を出せる投資信託はきわめて少ない。
・シンプルな投資でいく。複雑な金融商品は必要ない。マネー誌の情報は無益有害。

などなど・・

内容が濃いので、今回は安易にまとめるのはやめておきます。
分厚い本ですが平易な語り口で判りやすく書かれ、難解な経済用語もあまり出てきません。投資に関する正しい知識を身に付けるための厳選された書籍群も紹介されています。ぜひ手元において何度も読み返したい一冊です。

全体として、規制強化が強まる日本の反資本主義的風潮に危機感を表明しており、小泉改革支持&小さな政府志向の上潮派とみえます。Wikipediaに「2002年には金融庁金融分野緊急対応戦略プロジェクトチーム(通称竹中チーム)のメンバーを務めた」とあり、納得します。
「政府紙幣の発行は禁断の木の実。かならず通貨堕落とインフレを引き起こす」「インフレこそは資産形成にとって最大の敵」と、元日銀マンらしい発言も随所に現れます。

経済の基本原理を学びたい方/働き始めた若い社会人/これからの社会に少なからぬ不安を抱いている方/安心して老後を迎えたい方/投資と資産形成に関するしっかりした知識を身に付けたい方に強くオススメします。

【2012年追記:著者の木村氏は、日本振興銀行の事件で有罪となってしまいましたが、本書の内容が優れている点は変わりなく評価できます。】

読むべし!読むべし!読むべし!!




posted by 武道JAPAN at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。