2009年12月20日

日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学 原田 泰

著者は大和総研常務理事チーフエコノミスト。
東京大学を卒業し、経済企画庁国民生活調査課長、同海外調査課長、財務省財務総合政策研究所次長などを経て現職。

本書はNIKKEI NET BIZ+PLUSのコラム「経済学で考える」を主体に、「エコノミスト」誌への寄稿を併せて編集された。

「誤った事実認識から正しい政策は生まれないが、正しい事実認識からは正しい政策対応が生まれる可能性がある」正しい政策提言を行うのがエコノミストの使命である。という立場から、世間でよく言われる通説の確からしさをデータの裏づけを基に解明してゆきます。
すると・・出るわ出るわ、TVや新聞でよく聞く論が、次々ひっくり返る様は痛快です。

●給食費を払わないほど日本人のモラルが低下している?
この問題に、著者は都道府県別の給食費未納率と、親の失業率をグラフにして見せる。すると、ふたつの指標はかなりの程度連動している。
つまり、「払わない」のではなく「経済的に払えない」親が増えたと考えるのが合理的。

●格差の本質は何か?
小泉改革が格差社会を生んだという批判がある。しかし世代別の格差統計を見ると別のことが見えてくる。

格差は若い頃はあまり大きくないが高齢になるほど開く。成功して財産を得る人と、そうでない人に分かれてゆくからだ。統計にもそれが表れている。
社会が高齢化すると「格差の大きい世代」が増える。結果として社会全体の格差は開く。つまり格差社会の第一原因は高齢化である。

次の要因は正社員になれた若者とフリーターの間に極端な差ができた事。つまり若年層の雇用が重要な問題。

日本は最終的な可処分所得の低い人が多い。これは児童手当、生活保護、失業給付等が不足している為である。従来の、組織を通じてお金を回す方式を改め、個人に直接配る手法に変えるべきではないか。

●日銀は何をしているか?
金利は、銀行間の貸し借りを行うコール市場に資金が流通するかどうかで変化する。日銀はこの市場に資金を供給したり、絞ったりする事で金融をコントロールする。
データで見ると、日銀は、ゼロ%物価目標政策を行っている。(消費者物価の伸び率がゼロを超えそうになると金利を引き締めている。)
つまり、日銀は(公式にはどう言おうと)実態は物価の上昇をゼロ以下に抑えようと動いている。これは常にデフレ圧力があることを意味する。これでは成長が阻害されるし、金利の正常化も財政再建もできない。

●年金問題
実は日本の年金給付額は世界一高く、3割ほど削減しても十分に高水準である。支給額と支給年限を3割ずつカットすれば、年金支給額は半分になる。保険料の引き下げも可能になり、年金問題は解決する。
翻って、児童手当は先進国の中で一番低い。

●人口減少でどうなる?
実は、人口減少は恐くない。働く人が減っても、消費する人も同じように減るので一人当たりの豊かさは何も変わらない。
むろん、人口が減れば日本全体の経済力は小さくなるが、一人ひとりが豊かで幸福ならば、他国と比較して世界何位であっても関係ないのではないか。

人口減少よりも高齢化が問題である。特に、現在の年金制度を維持しようとしたまま高齢化社会を迎えるのは危険である。

●少子化
日本では、正社員として働き続けた場合と、妊娠出産を機にパートタイム労働に変わった場合での生涯所得差は1億円以上にもなる。(子育てに掛かるコストではなく、「諦めなければならない所得」)これはあまりにも大きなコストであり、仕組みの改革が必要。

●「大停滞」の犯人は
デフレで実質賃金が高止まってしまったこと。

物価が下がれば消費者としては嬉しいが、賃金が下がるのは嫌だ。するとやがて物価の割りに賃金が高い状態がくる。従業員に高い賃金を払う一方で売値は安くなるのだから経営は厳しくなり一部の勝ち組企業だけが残る。社会全体では新卒採用が出来ず若年失業者は増え、給料も上がらないという悪循環になる。
不況のなかでは実質賃金上昇は、このようにボディーブローのように効いてくる。

●19世紀の世界経済はなぜデフレになったのか
当時、世界主要国は金本位制を採用していたが経済規模の発展に対して、採掘可能な金(ゴールド)が追いつかず、これが足枷になった。新しい金鉱山が発見され、供給が安定すると経済も回復した。マネーの伸びを安定させておけば、デフレから脱却できる。

●官民賃金格差は地域に何をもたらしたか
所得の低い地方ほど官民の給与格差は大きい。
つまり、地方の実情に関わりなく公務員に高給が払われている。これは中央からの交付税が入るためである。
公務員の賃金が地域の賃金水準よりも高ければ、有能な人材は公務員になりたがり、ビジネスには集まらない。その結果、ますます地方のビジネスは発展しないのではないか?
かつて中国には科挙制度があり、有能な人材は役人に集中した結果、商人や技術者が不足し経済発展も技術進歩も遅れた。

・・・

日本は大丈夫なのか?
少年犯罪は増加しているのか
格差の何が問題なのか?
人口減少は怖いのか?
政府と中央銀行は何をすればよいのか?

・・など、いま考えなければならない問題に対して、非常に重要な多くの示唆を与えてくれます。素晴らしいです!

読むべし!

◆この本について紹介している他のブログ
Ddogのプログレッシブな日々




posted by 武道JAPAN at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。