2009年09月29日

金融危機後の世界 ジャック・アタリ

2006年に出版された「21世紀の歴史」(日本語訳は2008年)で、サブプライムショックを予見したジャック・アタリが緊急出版。
現下の金融危機発生の原因を分析し、危機を繰り返さないための具体的な処方箋を示します。

「21世紀の歴史」もきわめて刺激的な内容でしたが(管理人の2008年ベスト1です)、本書も素晴らしい切れ味です。

・・・

危機発生の経過は

1)主に米国で、中産階級を借金漬けにすることで経済成長を維持する仕組みが作られた
2)借金(債務)が増えるに従いリスクも増大した
3)増大したリスクを分散するため複雑な金融商品が編み出され、世界中にばら撒かれた
4)「毒入り」商品に人々が気づき始め、パニックが発生した
5)民間金融機関に公的資金が注入され、債務は政府(ひいては納税者)に移し変えられた

この結果、西側先進国が負った債務が返済されるまで2〜5年、長ければ10年は景気低迷が続き、最悪の場合には世界的な恐慌や紛争に発展、民主主義の危機にさえ直面する。

最悪の危機を避ける為に政治的決断によってインフレを引き起こし、インフレが年率5%を超えた段階で物価安定策に取り組む・・などという危険な賭けさえ必要となるかもしれない。

最大の問題は、グローバルな規制や監視の枠組みがないのに、金融市場だけがグローバル化してしまったこと。したがって、一時的に株価が回復し投資が戻っても、抜本的な対策がなされない限り危機は繰り返す。G20等の枠組みで金融資本主義の暴走を抑える仕組みづくりを構築すべし。

具体的には、インサイダー(金融・経済に関する情報を独占できる立場にいる人々)の活動を法の枠組みに押さえ込み、全ての人に同時かつ公平に(経済・金融に関する)情報が行き渡るようにすることや、銀行家という仕事を謙虚で退屈なものに戻すこと、など。

また、G20と「国連安全保障理事会」を合併し、「世界ガバナンス理事会」を発足、IMFや世界銀行を、この理事会の権限の下に置いて理事会メンバーや投票権を改革するなどの大胆な「世界統治機構」確立が必要。

・・・

グローバル金融を野放しにすれば世界的な危機が起こる・今回の危機を市場からの「最終警告」と考えて必要な対策を講ずること、といった実際面だけでなく、他者の幸せは自らの利益でもあると考える利他主義や、労働だけが正統に富を得る方法である世界を目指す事など、心を打つ提言で締めくくられた本書は、単に経済の事象を扱ったものではなく、人類の未来を見据えた視点を持っています。

読むべしッ!!

本書について書いている他のブログ
【書評】 ジャック・アタリ、『金融危機後の世界』
途中書評:ジャック・アタリ著「金融危機後の世界」:




posted by 武道JAPAN at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。