2009年08月30日

日本人はなぜ環境問題にだまされるのか 武田邦彦

「二酸化炭素の増加と地球温暖化」に真っ向から反論する書。
著者の武田さんは中部大学教授で、内閣府原子力委員会・文科省科学技術審議会で専門委員を務める東大卒の工学博士。

・CO2の増加と温暖化に因果関係はあるか?
・そもそも地球は温暖化しているのか?
・温暖化すると危険なのか?

について、様々なデータを提示しながら全て「No」という結論を出しています。

CO2は大気の0.04%しかなく、しかも重いので、よく図で説明されるように上空に昇って膜のように地球を覆う事はできない・・CO2犯人説を疑うのに充分な反証データがあるにも関わらず、それらが無視されている・・といった主張を展開しています。

本書の主張に対する反論も多くあり、この一冊で「やっぱり環境問題は嘘ばかり」と結論付けるのは危険ですが、環境キャンペーンに胡散臭いものを感じている人は一読してみても面白いでしょう。

以下、共感した点をメモ。

・・・

◆京都議定書で削減義務を負ったのは日本だけ

CO2削減は産業の発展を抑制する。そのため発展途上国が反発し、削減義務を負うのは先進国だけとなった。すると、削減の基準年は議定書締結の1997年ではなく、なぜか90年と定められた。

90年は日本にとっては石油ショック以降、世界に先駆け省エネ技術を磨ききった直後であり、削減余地がほとんど残されていなかったが、EUやロシア等では非効率なエネルギー消費が行われていた時代。これでEU、ロシアは何もしなくても義務を達成(あるいは排出枠を獲得)。アメリカは批准せず・カナダは離脱し、世界中で日本だけが削減義務を負う事になった。

日本は世界屈指の省エネ技術国であり、二酸化炭素排出では優等生。ドイツは日本の1.4倍、アメリカは3倍出している。インドも中国も何もしない。日本が孤軍奮闘しても滑稽なだけ。

ヨーロッパでは環境問題を話題にすると「あれは政治の問題」と言われる。
何を目的にヨーロッパで環境問題が盛んに議論され始めたのか、本当の理由を考えてみよ。

※今のところ日本の目標達成は絶望的で、他国から排出権を買う事になる(最大数兆円という試算もある)=日本がお金を巻き上げられているだけ

言われる事を鵜呑みにし自分の頭で考えず検証もしない態度は、科学的にも国際政治的にも落第。

◆悪質なNHKの嘘・捏造・印象操作報道

日本の放送法3条2項では「対立する意見がある場合は双方を平等に紹介しなくてはならない」と定められているが、環境問題に疑問を呈する意見をNHKが取り上げた事はない。

また、温暖化で南極の氷が融けている・・と、氷がどーっと海に落ちるシーンを見せるが、そもそも南極では中央部に雪が降って周縁部では常に氷が融けており、温暖化とは関係ない。実際には南極では少しづつ気温が下がっている。

絶滅が危惧されるというホッキョクグマは、実は増えても減ってもいない。

このように、事実に反する出来事を裏付けもとらずに報道している例が幾多もある。
第2次大戦前夜、マスコミは正確な報道を怠り、国を挙げて戦争に突入していった結果として310万人もの国民が死んだ。日本は、実は危険な情報統制に入っているのではないか?

・・・

環境問題には、肯定・否定両論あって科学的素養のない一般人が是非を正確に判断する事は難しいですが、与えられた情報を鵜呑みにし、よく考えずに多数が動く方向へ雪崩を打って進む、お人好しで騙されやすい日本人の弱点や、公共放送が本来の役割を捨てて異常な行動に走っている実情に言及している点では、本書は評価できると思います。

読むべし!






posted by 武道JAPAN at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。