2009年06月27日

ニッポンの評判―世界17カ国最新レポート 今井佐緒里編集

「世界各地で、日本と日本人はこんな風に思われている」
長年現地で暮らす日本人達がそれぞれの国から正直なレポートをしてくれます。

紹介されるのは17カ国。
アメリカ・フランス・ドイツ等、我々にとって馴染みのある国だけでなく、トンガ・イラン・フィンランドなど(地理的にも)遠い国もあって興味深いです。17カ国を17人が紹介するので、視点や掘り下げ方にバラつきはありますが、かなり「眼からウロコ」の体験が出来ます。

「セイントセイヤ」をブラジルのほとんどの子供が見ていた、とか、ロサンゼルスの住人は日本を「すぐそこ」という感覚で暮らしている(NYへ行くにも8時間くらいかかるし、日本に飛ぶのに10時間なのであまり違いが無い)とか、日本発のAVポルノは「HENTAI」という英語になって市民権を得ている・・など「えええ?そうなんですか!?」という話が満載で楽しいです。

-----
トルコは、日本に対して「世界で一番の片思い」。100パーセント手放しで日本人に好意的。筆者が出産した際、「日本人の赤ちゃんがいる」と病院中で話題になりひっきりなしに見に来る人がいたほど。シルクロードの、東端=白地に赤の日の丸 / 西端=赤字に白の月と星。
(日本とトルコの感動的な友好の歴史「エルトゥールル号事件」の事を知らない人はぜひこちらを一読あれ。)

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog102.html
http://www.makuya.or.jp/teatime/douwa/ertug/ertugP1.htm
-----
トンガ人と日本人のメンタリティは非常に似ており「礼儀・謙譲・敬意」が大切。どちらも王室があり、植民地になった事がなく、伝統文化の尊重が必ずしも近代化・合理化・個人主義と折り合いが付かないことを知っており、論理や理屈では説明できない根深い精神性を理解する。ウニ・赤貝・サザエ・海鼠腸(コノワタ)などのトンガ料理を、日本人だけは喜んで食べる。
一方で、中国人は非常に嫌われており、日本人のフリをする中国人もいるほど。
-----
アラブ人と日本人も根本的なカルチャーで共感する。
社会の単位が「個人」より「家族」であり、礼儀・忠誠の魂がある。YES/NOで割り切らず曖昧にその場を濁すのも共通する。床に座ってご飯を食べるのも親しみを感じる。白人はいつ裏切るか分らないし信用できない。
-----
フランスでは、日本文化に恐ろしいほど関心が高く、日本人に好意的。ニース大学には、柔道・剣道・合気道部の他に、日本体術、沖縄古武道、忍術部がある。
フランス人にとって絶対に譲れない価値は「美と芸術」、そして市民革命を経て勝ち得た「民主主義と人権」である。彼らにとって、民主主義国家であり、かつ自分達とは全く違った美を保有する異質な文明・・という条件に唯一合致するのが、日本なのではないか。
-----

相も変わらず「スシ、ゲイシャ、サムライ」の日本観もあれば、高性能な電化製品からイメージする「ハイテクの国」、はたまた映画・文学・アニメ・コミック・Jポップ・ファッションを通じて知る「クールジャパン」など、世代と地域によって日本に対するイメージも千差万別。自分自身では気付かない「外から見られてる日本人の姿」が見えてきます。日本に対する印象はおしなべて好意的なものが多く、心強い気持ちになります。

誠実で正直、信義に厚く、伝統を大事にし、クオリティの高い製品や作品を生み出す・・という、我々自身が心から「是」と思える価値が、世界でもちゃんと評価されているのではないでしょうか。





posted by 武道JAPAN at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。