2009年04月30日

知の衰退から如何に脱出するか 大前研一

「集団知」というフィルターを通して見た21世紀の日本人論。
なぜ日本人は、情緒のみで論理がなく、ものを考えなくなったのか?この状況を脱するために必要な処方箋は?
-----
21世紀の世界では、過去の知識は必ずしも問題解決の答えにはならず、経験のない事態に対して、なぜ?どうすれば?と「考える力」が必要で、集団としてのIQが高い国家が勝ち組となる。
日本はあきらかに知の衰退に陥っており、このままいけば世界の負け組みになるのは必至。
「小さな幸せでいいじゃないか」という意見もあろうが、長期にわたって衰退し経済的繁栄を失って生きてゆけるとは思えない。
-----
日本人は、民族としての集団IQだけでなく集団記憶力も低いのではないか?良し悪しは別として、敗戦と同時に鬼畜米英から180度転換してアメリカ万歳一辺倒になるなど、他の国では考えがたい現象が日本では起こる。最近でも、郵政選挙で小泉自民党に投票した人が、年金問題で安倍首相を大敗させるなど、「何も考えていない」としか思えない行動が目立つ。
-----
政治家もビジネスマンも、これからは英語・IT・金融の三種の神器が必須。それに加えてリーダーシップ。

リーダーの用件は以下の三つ。

1)行くべき道を指し示す
2)そこまでの道程と距離を示す
3)実際にやってみせるか、できる人を連れてくる

陰りが見えるとはいえ、米国は強い。その強さは「できる人を連れてくる」点にある。世界トップランクの教育機関は米国の大学であり、世界中から優秀な人材が集まる。日本では東大さえ世界ランクでは30位程度である。
-----
英語は、実質的な世界共通言語であり、これができないと何も始まらない。
「英語より、美しい日本語が大事」などと二者択一の議論をしているようでは子供がかわいそうである。
中国・韓国も教育機関を充実させ、英語教育に力を入れている。例えば、韓国のSKY(ソウル大・高麗大・延世大学)では全て英語で授業を行っている。
明治国家を作った偉人たちは謙虚に世界から学んだ。いまや中国・韓国からも大いに学ぶ点がある。
-----
バブル崩壊以降に生まれた子供たちは「希望に満ちた未来」を感じたことがないためか、あるいは生きていくだけなら何とかなってしまう社会に居るためか驚くほど欲がない。「ゆとり教育の見直し」以前に、全般的な意欲の低下を何とかしないと問題は解決しないのではないか。
-----
高等教育の責務は「メシが食える」人材の育成である。
○×式(知識の詰め込み)と偏差値教育は20世紀の工業化社会に適応した人材の量産には合致していたが、21世紀に必要な「考える力」は育てない。
-----
かつてエリートの間では、古典文学やクラシック音楽などの教養が共通の素養とされたが、現下の政治・ビジネスエリートの間では地球環境に対してどう考えるか、何をしているか?などが共通の話題となっている。Youtubeのトップ10にあがるニュースなどは皆見ている。
-----
残念ながら、国にも教育機関にも頼れる状況ではない。ひとりでも多くの「目覚めた個人」が、自分の行動を変えていく必要がある。
英国病からイギリスを救ったサッチャーや、シンガポールを繁栄に導いたリー・クアンユーなど、しっかりしたリーダーが出れば国は変わり得る。小泉元総理が本物の政治家だったら日本は良くなっただろう。(実際には、道路公団民営化や郵政選挙など本物の改革とは程遠い事しかしなかったが)

・・・

つねづね疑問に思っていました。電車に乗ると皆がケータイを覗き込んでメールやゲームをやっているが、「読むべき本はないのだろうか?」「勉強することは山ほどあるのではないか?」「3S(スポーツ・セックス・スクリーンに浸し、何も考えないようにさせる愚民化策)に、みんなハマッテいるのではないか?」と。
立派なスーツを着た中年男性が漫画雑誌を読んでいるのを見ると心配というより恐ろしくなり「一億総白痴化」という言葉が浮かぶ。。

400ページを超える著作ですが、判り易く書いてありますし何よりも日本と日本人の将来を案ずる切なる気持ちが強烈に伝わってきて心を動かされます。読むべし!そして今日から行動を変えよう。俺もそうすることに決めた!





posted by 武道JAPAN at 17:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

日本が「一億総白痴化」するのも無理はないでしょう。日本の組織そのものが「考える」人間を煙たがっていますから・・・。

自ら考える人間を排除し、お上や上層部の言うことを素直に聞く人間のみ重用する。そして、そのような人間のみに金を与え生活を保障する。これが日本の多くの組織で行われていることです。これでは「考える力」を持つ人間はどんどん淘汰されてしまいます。

評論家がいくら理想を述べようが、実際に日本の組織が変わらなければ何も変わりません。考えないDNAを持つ人間が増え過ぎて、既に手遅れになっているかもしれませんが・・・。
Posted by 牡丹鍋 at 2009年06月14日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。