2009年03月25日

テロリズムの罠<左巻>新自由主義社会の行方 佐藤優

ベストセラーになった同著者の「国家の罠」を読んだ時に「外交官ってこんなに教養が必要なのかあ。それとも、この人が特殊なのかな?」と思ったが、これまた内容の濃い本で読み応えがあります。現下の社会・国際情勢がよく見えます。<右巻>と併せて、読むべし!

-----
2008年は2つの出来事により国際社会の秩序が悪化した。
1つはロシアvsグルジア戦争で、国家観の諍いに武力が安易に持ち込まれるようになった。
もう1つはリーマン破綻で、グローバル資本主義を放置すると深刻な危機が起こることを世界中が認識した。

これにより、新自由主義に基づくグローバル資本主義が終焉するかもしれないが、それは希望的観測で、もう歯止めが利かないところへきているのかもしれない。

グローバリズムは強国にとって有利な仕組みで、一部の経済エリートと、それに結びついた政治エリートのみが肥え、一般市民は冨を搾り出す原材料として使役される。
-----
ソ連崩壊により共産主義革命の心配がなくなると、先進諸国は労働者を酷使し強い経済主体がますます強大になる「新自由主義」グローバリズム路線に転換した。

日本でも小泉改革以降この路線が明確化し、グローバル企業が空前の利益を上げる傍らで格差社会が広がった。1960年代に克服したはずの「貧困」が復活し、年収200万円以下の貧困層が1000万人を超えるという異常事態が出現している。これは労働者が結婚して子供を持ち、教育を授けて家庭を再生産することが経済的に不可能な水準であり、このままいけば社会も国家も共倒れになるのは自明。

田中角栄型の日本式資本主義は、公共事業のバラマキで中央のお金を地方へ還元する仕組みだった。この方式は利権と腐敗を生むが、それは1億総中流の平和を維持するコストとして暗黙に認められてきた。グローバリズムを志向する小泉改革は、自民党のこの仕組みを破壊した。
-----
小泉改革の是非を問うても意味はない。新自由主義路線は、その時点での必然でありシンボルとしての保守ナショナリズムを靖国参拝などで巧に演出しつつ行った路線転換の結果、格差が出現した。新自由主義と保守は本来相容れず、安倍政権になって保守に軸足を移そうとしたものの、官僚との軋轢に負けて政府は瓦解した。
-----
リーマンブラザーズの破綻により、各国は行き過ぎた新自由主義からの反転を図り、国家機能を強化することで事態を乗り切ろうとしているが、人々を個々のアトム(原子)に分断する新自由主義の結果、バラバラになった国民を糾合することが出来ず困難に直面している。
-----
いかにグローバリゼーションが進んでも、現下の国際情勢の主体となるのは主権国家であり、国家なくして個人も企業も生存できない。新自由主義は小さな政府を求め究極は無政府状態を志向するが、最終的に経済主体は国家の庇護を必要とする。なぜなら、国家は常に他の国家や勢力を従属または支配しようと狙っており、国家の庇護のない経済主体は、その成果を容易に簒奪されるからである。

国家は、社会と分かちがたく結びついているが本質的に社会とは別の存在である。
歴史上、国家をもたない社会は存在するが、社会を持たない国家はない。なぜなら、国家とは概念ではなく、社会から租税を徴収する事によって生存する官僚機構によって運営される実体だからである。国家として考え、意思を持ち、行動するのは軍や警察を含む官僚機構であり、それは合法的な暴力を独占する機関であり、他の主体が暴力を保持することを許容しない。官僚機構は社会を支配しようとするが、支配が行き過ぎると社会の活力が失われ、国家も弱体化する。
-----
国家が存在するためには他の国家を必要とする。国家間には敵対と友好の関係が常に存在し、その中で生き延びていくためにインテリジェンス(諜報)は必須。日本には統合されたインテリジェンス機関がなく、国際スタンダードでは独立した機関が行う作業を、外務省・警察庁・公安調査庁・検察庁・国税庁・経済産業省・防衛省・海上保安庁が分散して行っており、これらを統合する仕組みがない。
-----
これからの世界をどうすべきか。権藤成卿(ごんどうせいきょう=西洋化を否定し東洋的自然社会を称揚した明治の思想家)の農本主義=交換よりも生産に重きを置く価値感を再考せし、まず最低限の食の安全確保をせよ。
日本は地域を基礎にする下からの共同体国家であり、複数の共同体を祭祀によって束ねる天皇の下で「君民共治」を行ってきた。このモデルに光を当て、地域共同体の相互扶助機能を回復する事が、これからの日本に必要。政府や官僚に頼るのではなく、市民自らが政治の主人という自覚を持つべし。




posted by 武道JAPAN at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。