2008年12月27日

隠された皇室人脈 ― 憲法九条はクリスチャンがつくったのか!? 園田義明

一般には、ほとんど知られていない皇室とバチカン(カトリック)との深い交流や、憲法九条制定にまつわってクエーカー教徒(平和主義キリスト教派。平和、男女・民族の平等、質素な生活、個人の誠実を旨とする)が活躍したことなど、平和の希求という点で結びついたキリスト教と皇室の関係が、豊富な資料を基に解説される。

迫る日米開戦にあたって、戦後処理を見据えてバチカンとの連絡を取ろうとした現実的な天皇の姿や、木下道雄侍従次長「側近日誌」に描かれた「鹿児島湾上の聖なる夜景」での、まさに日本的な国民と天皇との「まごころの通い路」、日独伊三国同盟を推し進めた松岡洋右への不信感など、さまざまな昭和天皇の姿も描き出される。

個人的に特に興味深かった点をいくつかメモ
-------
付和雷同の気が強く、国民性に落ち着きのないことが戦争防止の困難のひとつであった。この欠点を補うには、国民の教養を養い、宗教心を培う必要がある。(木下道雄侍従次長「側近日誌」)
-------
古来より、戦勝国Aが敗戦国Bを他国Cとの戦争に使役するのは常識。
マッカーサーが日本を武装解除するために押し付けたつもりの憲法九条を、吉田茂や岸信介がまんまと逆手にとって「アメリカの戦争」に駆り出される事態を回避し、「安保ただ乗り」でむしろ敗戦国(日本)が戦勝国(米国)の軍事力を利用しつつ経済発展を成し遂げた。
憲法九条引きこもり作戦がなければ、朝鮮戦争やベトナム戦争に日本人が使われた。
-------
靖国神社には敵味方を問わず戦没者を祀ってあるというのは間違い。戊辰戦争で賊軍とされた会津白虎隊や、西南の役で没した西郷隆盛は祀られていない。戊辰戦争後に、長州の大村益次郎や山県有朋を中心に作られた「長州の護国神社」としての性格が見える(安倍元首相も長州閥)。
-------

読む価値は高いのですが、全体的に文章がイマイチ散漫な印象で、論旨を追うのに苦労した。著者の中ではキッチリ繋がっているのだろうけれど、様々なレベルの読者に届けるという点ではやや困難が残ると思われる。むしろ「あとがき」が、非常に明快で同意できた。

・時期と相手さえ見極め、皇室も認めるなら九条改正もあり
・今はまだ「盾としての憲法九条」を利用すべき
・北朝鮮は相手にしない。台頭する中国を警戒。
・中国は「問題児」であったほうが日本にとって都合が良い。「中共」でなく「民主中国」などが誕生すれば、日本最大の危機が始まる。
・米国は、台頭する中国に対して複数のシナリオを描いており、日本を中国にぶつける戦略もあるはず。そうなれば日中は火の海となり、米国は漁夫の利を得る。
・日本の神道こそは最高のアニミズム。地球環境が叫ばれる今こそ、八百万の神々を世界に解き放つべき。




posted by 武道JAPAN at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。