2008年11月21日

忍びの国 和田竜

忍者小説です。「のぼうの城」に続く和田竜の第2作。

なによりも表紙がカッコイイ。黒地に赤で「忍びの国」、と白抜きで様々な姿の忍者達。。。
内容は、非情に徹した伊賀忍者達と、伊勢を治める織田信雄軍との戦い・・を中心に進んでいくが、無敵の忍者=金でしか働かない主人公の無門が、恋した女、お国のために人間らしい心を回復してゆくという副旋律がからむ。
織田軍の猛将、日置大膳のサムライぶりや、偉大すぎる父、信長に無視され続けて居場所の無い思いを常に胸に抱える信雄など、脇を固めるキャラが描けていて良い。「のぼう」もそうだったが、この作家は登場人物を一人ひとり魅力的に描けるんだなあと思う。

攻める守るの戦いや、登場人物たちの心の機微の描き方など、全体的には「のぼう」の方が印象深いが、エンターテイメントとして十分な品質の一冊です。




posted by 武道JAPAN at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。