2012年07月29日

この国のかたち1 司馬遼太郎

タイトルが見事に内容を表している作品というのがあって、そういう書物に出会うと実にすっきり腑に落ちて感心します。

本書は、1986年から1996年にかけて「文藝春秋」の巻頭随筆に連載された司馬遼太郎のエッセイ集。晩年になり、それまで避けてきた小説以外の表現方法で「この国のかたち」を表現しようとしたものです。

「日本は世界の他の国々とくらべて特殊な国であるとはおもわないが、多少、言葉を多くして説明の要る国だとおもっている。」

博識に支えられて、長い時間軸で歴史を見通す目線が、魅力的な文体とともに展開されます。著者急逝のため全6巻で終わっています。
本書はその第1巻ですが、のっけから日本と日本人と、その歴史に対する的確な洞察が続きます。エッセイなので話題はあちこちの時代に飛びます。

この中で、特に重要な部分は、1905年(日露戦争以後)から1945年(敗戦)までの40年間に関する記述です。
参謀本部が天皇の統帥権(軍を統率する権利)を都合よく利用し、国家を誤った方向へ引きずって行った時代。これを、日本史における「異胎」と呼んで批判します。

・「参謀」という得体のしれぬ組織が自己肥大し、謀略を計っては国家に追認させてきたのが昭和初期の日本。参謀本部の将校という、いわば秘密クラブのメンバーが、憲法に定められた統帥権を勝手に拡大解釈し私物化して自らの権能を増大させて弄んだ。
・隠然たる権力を握った官僚と、マスコミに煽られて日露戦争の講和条約反対集会に集まった大群衆が、その後の40年を調子の狂ったものにしたのではないか。


薩長土肥が「天皇」という最高の権威を担ぎ出して明治維新を成功させたとき、言ってみれば天皇をうまく利用したわけですが、昭和の参謀本部も天皇の統帥権という権力を自分たちの都合の良いように利用しました。
天皇の統帥権は三権に超越する、と勝手な解釈を与え、その強大なパワーの陰に隠れてやりたい放題をした参謀本部=官僚たち。無限とも言える権能をふるいながら責任はいっさい取らなかった。
司馬遼太郎が「異胎」と呼んだその時代の中心構造は、現在も原子力ムラなどに復活してはいないでしょうか?

宋学に傾倒した後醍醐天皇が、日本的伝統を破り、まるで中華皇帝のような絶対権力を掌握しようと動いた挙句に南北朝の大騒乱になったり(※前のエントリー「中国化する日本」でも指摘されていますが、日本式統治構造と中華式社会システムを半端に混ぜるとろくな事になりません)、やはり中国式の中央集権や郡県制を構想したらしい織田信長が本能寺で討たれたり・・独裁的な絶対権力が一極に集中する仕組みをこの国は好まない・・というように、国のかたちや歴史の流れが、意味をもった流れとして理解できます。

・13世紀に自衛する農民である「武士」が生まれ、律令制をたてとする貴族階級から「田を耕すものが土地の所有者である」という素朴なリアリズムに基づいた権利を勝ち取って政権を樹立した(鎌倉幕府の誕生)。以降、日本史は中国や朝鮮と違う歴史をたどり始めた。

総じて、日本と日本の歴史に対する愛情が感じられますが、だからといって「この国」を礼賛し、なんでも持ち上げるわけではありません。客観的にバッサリ切るところは切ります。

・思想を求め書物を読むのが好きなくせに、思想を血肉として社会化させることを好まない。
・あの明治維新にしても、植民地になりたくないという切迫感から尊王攘夷(王を尊べ外国を打ち払え)と叫んだが、言ってみればそれだけのことで、ここにはフランス革命などに見られる「人類に普遍のテーマ」などは含まれていない。
・しかも維新が叶った後は、あっさり開国してしまった。


・工業化が進展すると、資本と商品供給が国内の需要を上回る。すると、対外的に打って出て新たな市場を獲得しようとする。これが帝国主義の原型。
日本は、昭和の時代に帝国主義的ふるまいで朝鮮半島を併合し子孫代々に残るうらみをかったが、当時の日本には供給する商品など無く、タオルや日本酒を輸出しただけだった。雑貨を売るために他国を侵略するとは、なぜこんな馬鹿げたことを国家ぐるみで行ったか?


個人的に面白いと思ったのは、「若衆宿」の風俗に関する記述。近代以前の集落で、未婚男子が実家を離れて寝起きを共にし、地域の警備などの共同作業にあたった風習ですが、これは雲南などの、漢民族とは違う古代タイ語系を話す民族にもあった風習ではないかとの事。
それで思い出したのは稲作の由来です。実は稲作は大陸から朝鮮半島を経て伝わったのではなく、雲南省あたりで発祥し、そこから海を通って直接日本列島に来たらしい(半島にはない稲のDNAが、雲南と日本だけにある)。
我々の先祖は稲と共に船で南から列島にたどり着いたのかなあと思います。そういえば、地理的には近いけれど大陸や半島の人々とはどうも分かり合えず、タイやフィリピンあたりのほうが付き合いやすい気もしますし。

日本と、日本史を巨視的につかむ目線を与えてくれる良書。

読むべし。




posted by 武道JAPAN at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。