2011年01月30日

日本の外交は国民に何を隠しているのか 河辺 一郎

著者は1960年鳥取県生まれ。東京都立大卒。愛知大学現代中国学部教授。国連と日本外交に関する数冊の著作がある。

刺激的なタイトル通り、日本外交の実態をレポートする本。本書を一読すると、国内で流通しているイメージから掛け離れた日本国の姿が現れてきます。驚かされる事実が多々あるのですが、それらが一般国民どころか政治家にすら開示されていない様子・・日本外交の実態というより「外務官僚の実態」と言うべきかもしれません。以下メモ。

●日本は発言力がないのか

日本は国連予算の20%に相当する分担金を平均して6ヶ月半も意図的に滞納している。これにより、隱然とした影響力を行使しているが日本国内には知られていない。外相や政務官すら「日本は真面目に払っているのですから・・」などと発言する。
米国も滞納国だが、その事実は国民に開示されており、国連そのものの是非を含めて様々に議論されている。

また、予算の承認は多数決制だったが日本の主導で全会一致制となった。つまり、一国でも拒否すれば予算は成立しない。これにより日本は「拒否権」を手に入れた。

さらに、2年毎に行われる予算の承認を半年毎にしよう(つまり、半年毎に影響力を行使し、場合によってはいやがらせをする)と米国が提案した時も賛同した。提案したのは、米国でさえその姿勢に賛否の激しいボルトン大使、賛同の意を表明したのは前原誠司。(管理人:本書では前原という政治家に重大な疑問を感じる、としているが同感です)

安保理の非常任理事国に9回就任しており、これは加盟国中で群を抜いて最多である。国連事務局への幹部登用も多く、外務省から人材が派遣されている。

これらの事から、日本は国連で相当な影響力を保持しているにも関わらず、国内には「影響力がない」と説明され、常任理事国入りが取りざたされる。

●イラク戦争支持に義はあったのか

米国でさえ、イラク戦は「正義のため」というタテマエを掲げ、口が裂けても「石油のため」とは表明しないのに、日本では「石油が輸入できなくなったらどうする」と言われた。
さらに、「北朝鮮が暴れたとき、米国が頼りなのだから支持すべき」といった理由が挙げられ、戦争が正しいか、理があるかは議論されなかった。これでは、「世話になっているから不正義でも断れない」という理屈になる。

日本はイラク攻撃に終始賛成し、国際世論作りのためアンゴラやカメルーンなど、日本が多額の援助を行なっている国々に経済的な圧力をかけた。
それでも国連が戦争に反対すると「国連改革」を唱え、常任理事国入りを目指し、「戦争ができる」仕組み作りに邁進した。

これらは、政府が交代しても官僚主導で続けられ、特に小和田恒(元国連大使)は精力的に一連の施策を推進した。(管理人:小和田恒氏と言えば雅子皇太子妃殿下の実父であるが、本書ではきわめて彼に批判的である。皇太子妃自身も何かと世間で評判がよろしくないのは周知の通り)

●日本の外交姿勢

日本は軍縮問題に常に消極的な姿勢をとってきた。ICC(国際刑事裁判所)の設置にも反対した。対人地雷禁止条約などは妨害した。

途上国の国連分担金が国力の割に荷重である不公平さを是正しようとするカナダやオーストラリアの提案に反対したのに、米国の分担金削減には賛成した。米国が減った分、日本の分担金は増えた。

南アの人種隔離政策に世界中が反対するなか、日本は制裁を拒み南ア貿易世界一だった。
各地の軍事政権下で多数の行方不明や拉致が頻発していても、日本は人権問題に干渉しようとしなかった。北朝鮮が日本人を拉致していると判った途端、豹変して騒ぎ出した。

・・・

本書の視点からあぶりだされてくるのは、国家としての原理原則、理念や哲学の見えない日本の姿です。どの国でも、比較的目先の国益でご都合主義に動くものですが、それでも戦争の理由を「石油のため」と身も蓋もなく言い切ってしまって疑問を感じない感性は少々おかしい。にもかかわらず、日本国内では「そんな空気」であたりまえと思ってしまう。
筆者は、日本には政・官・学・ジャーナリズムのいずれにも民主主義を可能にする基礎的な知性がないのではないか?と疑問を投げています。

私は、日本人を馬鹿だとは思いませんが、個人が自分の頭と足で自立している状態には遠いと思います。仕事を通じて、欧米人の戦略性や、しつこいほど多角的に議論を深めていくやり方を間近で見ていると、たしかに我々は論理的につき詰めて深くものを考えてゆく習慣に乏しい。国内が平和で人間が正直だから、いちいち疑う必要がない・・という喜ばしい状況の裏返しではあるのですが、それが筆者の言う「民主主義を可能にする基礎的な知性の不足」であるなら、その通りかもしれません。

それにしても、本書でレポートされた実情と国内に流通している一般情報とはギャップがありすぎる。。これは、官僚主導で行っている外交の実態が隠されているせいでしょう。この国は100年前から官僚に支配されている・・と言われますが、一般国民になど本当の事を知らせる必要はない、といったエリート官僚の傲慢が見えるような気がします。

米国は、そんな状況を見透かし、アメリカ留学組の官僚などを通じて日本を意に従わせているのではないでしょうか? 日本が真実独立国ではなく、よく言っても米国の「天領」、あからさまに言えば「属国」であるのは残念な事実です。(100年前から官僚に、65年前からは米国と官僚にコントロールされていてマスコミはその道具)

しかし、一般国民にも「ムズカシイ事はお上まかせ」にしている責任があります。マスコミが乏しい情報しか伝えないせいもありますが、自分の身の回りを超えた世界のできごとに関心を持つ人が少ないのも事実。

もしかすると日本人には「世間」という概念は理解できても、「世界」が分からないのではないか?自分の属する会社や郷土なら把握でき、ふるまい方も判断できるが、国家という単位になるともうその「姿」や「像」がイメージできない。ましてや外の事はもっと分らない。どんな原則をたてるべきか決められず、原則を見出してゆくための議論にも慣れていない。
それでも、日本人にとって日本人が集まって暮らす日本という「場」以上に居心地の良い場所はないでしょう・・ならば、早く地方分権を進め小さな政府と道州制にシフトすることで、政治の単位を日本人が無理なく把握できるサイズに変えるのは、良いアイデアかもしれません。

もっとも、一般民衆が「国家」などを意識するのは、侵略者に直面して国もろとも滅ぶ・・という危急の際か、さもなくば国家の興隆期「勝ち馬に乗った」イケイケ気分のときくらいで、その他の平時には国家観など曖昧になってしまうものでしょうが、それでもいま「これからの正義の話をする」必要があります。欧米先進国の優位が崩れ、中国を筆頭とする新興国は台頭し、チュニジアに始まった民主化運動はアラブ世界を大きく変えるでしょう。
世界は多極化し、多数のプレイヤーが自国の国益に沿って複雑なゲームを展開する中で、知力体力精神力を傾けた国家のIQが試されます。我々日本人しか守り手のいない日本国が淘汰されてはなりません。

参考になる情報がてんこ盛りの一冊です。

読むべし!




posted by 武道JAPAN at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

日本は破産しない! 〜 騙されるな!「国債暴落で国家破産!」はトンデモ話だ! 上念 司

著者は、経済評論家・勝間和代氏の事業パートナー。勝間氏のブレーンの一人として、主に金融政策、財政政策、外交防衛政策等のリサーチを行なっている、との事。
本書では、巷に多い「日本破綻論」を否定し、日本の問題は財政破綻などではなくデフレである、と説きます。以下メモ。

・・・
●日本は破綻しない

ギリシャでは労働人口の4人にひとりが公務員。民間の1.5倍の給与を貰い58歳で年金支給。商店は当然のように消費税を誤魔化し、ユーロ加盟のため国家が粉飾決算をした。日本にギリシャの真似はできない。

アルゼンチンの破綻は固定相場制が主因。紙幣乱発によるインフレに懲りてドルと固定した後で米国ITバブルの余波を食った。固定相場制で外貨建て債務を持つ国が破綻を防ごうと頑張ってしまうと倒れる。(ただし破綻後は変動相場制に移行しインフレターゲットも導入したため、大幅に通貨安となって景気回復した)

日本は債務のほとんどが自国通貨建てであり、いざとなれば増税や通貨増刷という奥の手があるため簡単にデフォルトしない。

●国家財政は複式簿記で見るべし

国の借金も、複式簿記とBS(バランスシート)で見ること。日本は借金も多いが資産も大きく、対外債権は世界最大。借金の額だけを示して不安を煽るのはおかしい。

そうやって日本破綻をあおる人々には利があるからやっている。税収を都合良く利用できる一部の高級官僚などは天下り先確保のためにも増税したい。年金不安や、国家破産によるハイパーインフレなどの話で不安にさせ、「増税やむなし」に世論を操作する。その周辺で利権に群がる連中もたくさんいる。

IMFの発表ですら注意が必要。財務省からの出向者がいて、時に「お手盛り」レポートを出す。

税収の落ち込み原因は、景気が回復せずGDPが伸びないため。国に借金ができたのは無駄なお金を使ってきたから。この因を退治しないまま、足りなくなったから増税では筋が通らない。

すべき事は、無駄の削減(まっ先に特殊法人改革!)と、デフレ脱却!

例)宝くじ関連の特殊法人では、役員の平均年収1941万円
例)農水省は、バターの輸入を独立行政法人に独占させ、その利益を天下り法人の人件費に充てている(→「日本は世界5位の農業大国」)

●政府と日銀の経済運営は失敗の連続

90年にバブル退治と称して日銀の三重野総裁は金利を6%まで一気に上げた。
バブルがはじけ、行きすぎに気づいて下げ始めたが下げ幅が小さく小出しだったため景気が戻らないまま遂にゼロ金利までいってしまい、そこでようやく景気回復の兆しが見え始めた。
ところが97年に橋本内閣が消費税を増税し、やっと戻り始めた景気の火を消す。

99年から00年にかけてのITバブルで少し上向くと、今度は速水総裁がゼロ金利解除に出て、またもや景気はつまづき、01年の「量的緩和」という新しい手法と、04年の財務省+米国による大規模協調介入で持ち直す。(05年からの景気回復を小泉構造改革の成果と見る向きがあるが間違い。協調介入の効果が現れたもの)

08年のリーマンショック後、各国中銀は通貨供給量を大幅に増やしたが日銀だけ増やしていない。それで当然、円の独歩高になる。政府と日銀は協調して通貨供給量を増やし円安に誘導すべき。

通貨が増えればモノとカネのアンバランス(供給能力過剰)が改善されてデフレ脱却し、日本は再び成長する

●紙幣を増刷してもすぐハイパーインフレにはならない

インフレとは需要に供給が追いつかない事態。現在の供給能力過剰(需要不足)は40兆円ほど。この能力を使いきって、それでも需要に対応できなくなって、初めてインフレに向かう。戦争などで生産流通設備が破壊されたり、働き手が激減しないと起こらない。
・・・

と、いたずらな悲観論を戒め、デフレを止めて成長を取り戻せと主張します。

具体的には、通貨供給量を増やすこと。デフレを脱却するまで増税を封印すること。日銀法を改正する意思のある議員を当選させること・・などの提言が並びます。個人資産を守るためのノウハウも書かれています。

大筋でうなずける内容ですが、以下のような疑問点もあります。
-----
●日本国債の安定消化は永遠には続かない

世界一低い金利で売れている日本国債は最強、簡単に見放されない・・としていますが、現在は国内の潤沢な預貯金を原資に買われているのが実情で、やがて国債の発行額と貯蓄が均衡したら、その後は他の買い手が必要になります。

国内投資家は為替リスクを嫌ってカントリーバイアスがかかるため、現在のようにデフレと円高が続く見込みなら国債を買うのがほぼ唯一の選択肢でしょうが、海外投資家は今のような低金利では買わないでしょう。

つまり、現在のように低い金利で国債が売れる状態には、期限があるはずです。(日銀が買うという手もありますが、これにも限度があるでしょう。無限に買えるなら最初からそうすればよいはずです)
-----
●政府日銀の無策だけでなく、産業界の革新のなさもある

デフレが日本経済最大の問題であるのはその通りですが、その原因を政府と日銀の無策だけに求めているのは疑問です。たしかに政府と日銀はまずい経済運営をしてきましたが、同時に産業界も新しいビジネスモデルやコンセプトを作り出して来なかった。つまり、新産業の育成を怠り、脱工業化をしないまま新興国との価格競争に挑むような浪費をしてきたのではないでしょうか?

ものづくりを捨て金融に走ったかに見える米国が、GoogleやAmazonといった新企業や、iPOD・インターネットTVという新機軸を作り出しています。日本人の職人的センスを生かすためにも「ものづくり」は捨てるべきでないと思いますが、産業界にも新戦略が必要です。
-----
●「日本は借金も多いが資産も大きい」ですが、イザとなったら資産を換金できるのか?道路や橋や自衛隊の基地を売るわけには行かないでしょうし、米国財務省証券(米国債)など売らせてもらえないでしょう。
-----
●本書のタイトル通り、「日本国」は簡単に破綻しないでしょうが、過度なインフレや重税に庶民の生活が破綻する可能性は無視できないのでは?
-----
●冒頭でいきなり辛坊治郎・正記兄弟の「日本経済の真実」を名指しで否定していますが、「目先の人気取りに国債で調達した金をばらまく無策な政治をやめ、成長に資する投資をせよ」とする、こちらの書にも読むべき内容が多々あります。
-----

とはいえ、たしかに本書の主張通り、破綻をあおって儲けようとする連中の手口に転がされてはいけません。特に消費税は(現行の社会保障を続けようとするならば)どこかで上げざるを得ないでしょうが、デフレ下の増税は経済の自殺行為です。
また、若年層から税を搾り取って高齢者を養う「若肉老食」国家には絶対反対です。選挙をすれば人口比で勝る高齢者の主張が通るでしょうが、この世代には若者を応援して貰いたいものです。

無駄削減(特に特殊法人)と規制緩和 → 成長戦略 → デフレ脱却 → 税と社会保障改革 → 必要なら増税 が進むべき航路でしょう。

もしデフレのまま増税すれば失われた20年がさらに続き、新たな成長は望み薄となり、「貧しくなりながらの重税」や「社会保障の削減」が待っています。

無用に未来を悲観して右往左往せず、腹と腰をすえてデフレ脱却を目指すべし。そのために正しい方向性を示す政治家を支持し、新しいアイデアで新産業を興す起業家を応援し、未来を信じて自分の仕事に精進すべし。

読むべし!


posted by 武道JAPAN at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

哲学者とオオカミ ― 愛・死・幸福についてのレッスン マーク・ローランズ

「最も大切なあなたとは、幸運が尽きてしまった時に残されたあなただ」

本書は、大学で哲学の教鞭をとる著者が、仔オオカミを手に入れ、片時も離れず暮らし、やがて死を看取るまでの、およそ10年間の学びを記したものです。

哲学者の書いた本ではありますが、けして難解ではありません。狼のブレニンと過ごした日々の多彩なエピソードを交え、平易な語り口でつづります。ただし内容は深いです。

著者は、「オオカミ」と兄弟のように暮らすうち、対比によって「ニンゲン」とはどのような存在か?を考察する事になります。そして、人間の持つ、ある傾向のメタファーとして「サル」を見出しますが、この「サル」は、まことにもって不愉快な生き物です。以下メモ。

・・・

サルは世界を自分の役に立つものかどうかで測る。世界を資源、つまり自分の目的の為に使うことのできるものの集合とみなす。モノだけでなく他者も、ついには自分自身の価値さえもその尺度で見る。

サルは他者を観察し、利用する機会を狙い、騙し、欺き、弱みを見つけ出して攻撃する。サルには友達はおらず、共謀者がいる。この謀略性ゆえに、サルは高い知能を発達させた。陰謀と騙しは、類人猿やその他のサルが持つ社会的知能の核をなしている。類人猿の王、ホモ・サピエンスにおいて、このような形の知能は最高点に達した。

何らかの理由で、オオカミはこの道を進まなかった。オオカミの群れには陰謀や騙しはほとんどない。人間が狼(野生)に美しさを見出すのは、サルになる以前に持っていた純粋性を垣間見るからではないか。

全ての動物が弱いものを攻撃するが、人間だけが弱さをつくりだす。オオカミをイヌに、バッファローをウシに変える。私たちは物を弱くして、使えるようにする。

オオカミは瞬間という時間を強く捉えるが、サルは瞬間を透かして前後につづく一本の道として時間を見る。私たちが今と見なすものは、すべて過去からの投影と未来への予測からできている。つまり私たちに今という時間はなく、今という瞬間をそれ自体として楽しむ事はない。

人生に意味はないが価値を持つ事はできる。幸せは感情ではなく存在のあり方だ。

・・・

私たちはおそらく、「今」という時間に100%意識をフォーカスできていない、と思います。
いま目の前に見ているものごとも、過去の記憶からの影響を受けた評価や判断が混じっていて、本当にただただ「あるまま」を見てはいない。いま目の前にいる人と、真に人生を分かち合っているという体験は滅多にない。

合気道の昇段審査に、多人数掛けというものがあります。
数人が一人へ掛かるのを次々に投げてゆくのですが、数分もつづければ息も切れ、手足も重く、それでも休みなく掛かってくるのを投げて投げて投げ続けるうち、なにかを突破する瞬間がきます。けして楽しくもなく、幸せな気分でもないのですが、違う時間の中に生きているような、ただ目の前にあることと一体になって生きているような瞬間です。このような特別な時間にのみ、ニンゲンは「今」を100%生きられるのかもしれません。

「私たちの誰もが、オオカミ的というよりサル的であると思う。
サルの知恵はあなたを裏切り、サルの幸運は尽き果てるはずだ。そうなってやっと、人生にとって一番大切なことをあなたは発見するだろう。そしてこれをもたらしたものは、策略や智恵や幸運ではない。」


まさに、「愛・死・幸福についてのレッスン」という副題の意味を考えさせてくれる一文です。

「人生にとって重要なのは、これらがあなたを見捨ててしまった後に残るものなのだ。一番大切なあなたというのは、策略をめぐらせ、自分の狡猾さに喜ぶあなたではなく、策略がうまくいかず、狡猾さがあなたを見捨てた後に残るあなただ。
最も大切なあなたというのは、自分の好運に乗っているときのあなたではなく、幸運が尽きてしまったときに残されたあなただ。」


私たちは、人生の意義を「幸せになること」と考えますが、「幸せ」とは、あたたかで喜ばしい感情や気分とは限らず、「命をどのように使ったか」「人生という時間と、どれほど本当に一緒にいたか」なのかもしれません。

読むべし!


posted by 武道JAPAN at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。