2010年04月30日

皇軍兵士の日常生活 一ノ瀬 俊也

著者は歴史学者。埼玉大学准教授。専門は日本近現代史、とくに軍事史・社会史。

近年、続く不況と格差定着のためか一部に戦争待望論まで出ていると聞きます。戦争でも起こって全てがご破算になれば浮かぶ瀬もあるかも・・という事なのでしょう。そこまで来てしまっているのかと思います。
アカデミズムの側からも、戦争が社会システムを一変させ富を平準化したためその後の経済成長が導かれたとする論が現れて概ね支持されているようですし、一部保守層にはニート対策に徴兵制や徴農制を考える向きもあります。

本書は、上の状況を踏まえ、果たして戦争によるガラガラポンは(皆が等しく貧しくなるとしても)格差を打破し平等を実現するのか?兵士として生きることや、それを支える国家のシステムは、兵や周囲の人々にどんな不公平を齎したのか?といった点を検証します。

●鉄の軍規を誇った皇軍の実態

- 捕虜に向かって刺突訓練をさせるなど、兵同士あるいは上官と部下の間で、互いに誰が勇気があるか臆病でないかを監視しあう事で秩序が保たれていた。私的制裁も横行した。
- 沖縄戦において、個人の勇怯が意味を成さないほどの圧倒的な火力に遭遇すると規律は崩壊した。

●徴兵前後の意外な現実

- 病気等に見せかけて徴兵逃れを企てる者が相当数いた。
- 平時の軍隊生活は、厳しいものの任期が終われば帰れるという前提があるためか意外に明るく牧歌的な面もあった。
- 厭戦気分が広がると前線への慰問品や手紙は急減した。兵士の士気に関わるため、軍はそれらを送るよう国民に働きかけた。

●兵士や遺族を取り巻く様々な「格差」

- 軍隊内での昇進や待遇は、学力や出身階級で差がついた。
- 食事の量は指揮官と兵では違っていたが、兵同士は悪平等に同じで体格の良いものほど飢えた。
- 大企業の社員は従軍中も家族に給与が支払われたが、中小企業や農家には何の保障もなく国家も救済しようとしなかった(大企業も戦争長期化とともに支払いを止めた)。
- 兵士が帰還すると、戦争に行かなかった同僚は昇進していた。
- 戦争初期において、軍は遺族を含む社会に対して気を使った。戦死した兵は可能な限り丁重に弔い、果敢に戦い名誉の死を遂げたとする死亡報告(殆どは作文であった)が部隊の責任者から詳しく送られた。
しかし戦局が悪化すると美麗な作文は失せ、負傷の上2日間も仲間に担がれながら歩き最後は置き去りにされた等、遺族にとって耐え難い報告書が事務的に送られた。
- 敗戦によって、兵の生死を追跡すべき軍が解体すると、もはや残された者たちは出征した自分の肉親がいつどこで死んだのか、あるいは生きているのかすら判らなくなった。
- 戦後は、確認困難により根拠の不明確な死亡通知が発行され、担当する役所が確認作業を放棄していった。

これらを見て判る事が幾つかあります。

・戦争によるガラガラポンは、たぶん弱者が負ける賭けだ
・国家が、担うべき保障を企業に担保させ弱者を救済していない
・官僚や役所は、引き受けるべき責任を放棄して個人にしわ寄せする

近年の「派遣切り」や「消えた年金問題」と重ねて考えると、我々の社会は65年前から実は変わっていないのでは?と思います。
戦後に移植された”民主主義”というものが、本当には機能していないのではないか?いや、この国は民主主義なんて本当には信じていない?それとも「政府」あるいは官僚機構を伴なう「国家」というものが信用されていないのでしょうか?その割に日本人は、日本人がたくさん集まって作り出しているこの日本という”場”を信じているように見えます。

戦争という異常は、日常の延長から気付かぬうちに繋がっているのかもしれない。

読むべし!




posted by 武道JAPAN at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

イギリス式月収20万円の暮らし方 井形 慶子

図書館でなんとなく借りてきた本で、著者のことも知らないし強い興味があったわけでもなくてぱーっと読み飛ばしたのだが、「あとがき」に次のようなことが書いてあって、そこで引っかかった。

「学生時代、月5万円で生活していた。就職して月給20万円で収入が4倍になって、こんなに貰ってよいのかと感じた。
その後収入が増えても一ヶ月20万円で充分に生活し、20万円を超える分は貯金ができた。
・・・
月20万円なら年をとっても不測の事態が起こっても何とか稼ぐことができるだろう。その範囲で生活できるという自信があれば追い詰められることはない。」

本書では、著者が若いころから何十回と訪れて見聞きした、お金をかけずに豊かに暮らす英国式の知恵を紹介しています。いわく、

・シンプルな服でも、本物(の宝石など)をひとつ身に付けていれば気品が保てる
・滅多に着ない礼服は、高いお金を出して買わずに借りる
・買い物には必要品と各々の予算を決めたリストを作っていく
・家具は材質の良いものを吟味して長く使う(親から子に譲ったり)
・旬の野菜を中心にした食事が健康にも良くて安上がり

などなど、まあ言われてみればどうという事のない話ばかりなのですが、「月20万円なら稼げる。それで生活できれば大丈夫」というメッセージに今日的な意義がある、今こそ取り上げるべきと感じました。

日本では年間3万人を超す自殺者が出ており、それは失業率の上昇とシンクロしていると聞きます。
失業者をサポートする社会的なセーフティネットがきちんと整備されておらず、仕事を失うと全てに行き詰まってネットカフェ難民になったりホームレスになったり、挙句の果てに自殺・・という状況が、残念ながら現実です。

でも、「月20万円を何とかして稼ぐ」というのは誰にとっても高いハードルではないし、「その範囲で暮らせる方策を立てよう」と考えられれば、自殺する人々を減らせるのではないでしょうか?

ちょうど今日の日経ビジネスon LINE にこんな記事が載っていました。「がばいばあちゃん」で有名な島田洋七さんのインタビュー。

「景気の低迷を悲観しすぎ。日本人の原点に戻ればええやないですか。これまで土日はゴルフ、平日も帰宅は深夜だった。そうでなくて土日は子供とキャッチボール、夜は7時に帰ってきて家族みんなで晩ご飯。昔はそうやった。」

本書に書かれたノウハウや工夫は、誰にとってもそのまま応用できるものではないかも知れませんが、お金がなくても豊かに楽しく生活することは可能だ、というエッセンスを汲み取る事ができれば、価値がある事だと思います。

無論、物価の高い英国(特にロンドンのような都会)において月収20万円で本当に暮らせるのかは疑問ですが、著者のホームページを拝見すると英国コッツウォルズへの見学ツアーなどを企画しています。
コッツウォルズは、ロンドンから1時間ほどの距離にあるにもかかわらず、100年前のオールドイングランドがそのまま残った地方で、英国内からも旅行者が訪れるくらいの場所ですから(日本の飛騨高山とか白川郷みたいと考えれば良いでしょうか?)、著者の提唱する生活には古きよき英国のカントリーライフ、庭のハーブを摘んで風邪の手当てに使うような素朴な生活のイメージがあるのかも知ません。
ちょうど先週、大好きなTV番組「世界ふれあい街歩き」でコッツウォルズを特集しておりました。自分の個人的な友人で英国出身のカメラマンJさんは、「英国と日本は似ている。人々が優しいしPeaceful。アメリカの生活とは違う」と言っていますが、まさにそんな街でした。

なにはともあれ、これから成熟社会を迎える日本において、新しいモノを次々消費するような生活が方向転換を必要としているのは間違いありません。成熟社会の先輩としてヨーロッパの人々の生活を参考にするのは意味のないことではないでしょう。



posted by 武道JAPAN at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(社会歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

武士道エイティーン 誉田 哲也

武士道シックスティーン 映画

剛と柔。
まるで正反対の個性を持ちながら互いに強い友情で惹かれ合う二人の女子高生剣士の青春を描いた「武士道**ティーン」シリーズの第3作。
いよいよ3年生になった二人が迎える高校最後の夏、決戦の時・・とベタベタな青春小説をベタベタに面白く描いてついに最終回(かな?)。

物語は、インターハイにおける二人の対戦がクライマックスのラストシーンか?と思いきや。。大会自体は、ひとつの盛り上がりを見せつつも話の中盤辺りで終わってしまい、さてそこから・・高校3年生なのだから、まあ当然と言えば当然ながら、それぞれの進路・将来設計へと話は続いてゆく。

このあたり、単に勝ち負けを中心に据えた燃え尽きストーリーではない。
剣道を通じた青春の数年間を切り取ってみせる事により、それよりも、もっと長い期間 〜明日からもまた続いてゆくふたりの人生の拡がり〜 をイメージさせて心に残ります。そうです、人生は18歳がピークじゃないし、青春が18歳で終わるわけじゃないのですね。

ふたりが交互に一章づつ一人称で語る・・というスタイルは前2作と同じですが、本書では脇役たちのサイドストーリーがいくつか挿入されます。これがまた、単なる添え物ではなく、各々にしっかりと、時に重厚なほどの物語があって、「武士道」シリーズの世界に奥行きをつくってくれます。
香織の剣道の師、桐谷先生の「桐谷」という名前の由来にビックリしますよ。

読むべし!

◆武士道シックスティーン
◆武士道セブンティーン


posted by 武道JAPAN at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 読書記録(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

北朝鮮・中国はどれだけ恐いか(朝日新書) 田岡 俊次

著者は朝日新聞出身の軍事ジャーナリスト。
2007年出版なので、各国(特に中国)の軍事力データがやや旧聞に属するのと、著者の姿勢に若干の偏りを感じる点を除けば、幅広い軍事知識を駆使して有益な視点を与えてくれる一冊。以下メモ。

---

・北朝鮮の核
数発〜十発程度の核を保有し、日本に落とす能力はあると見るべき。米国本土には届かないし、本気で米国に攻撃されれば破滅しかないので理性があれば撃てない。撃つとしたら自暴自棄になった時で、その場合は核抑止は効かない。つまり日本にとっては脅威で、米国にとっては脅威ではない。

・北朝鮮の崩壊
韓国にとって脅威。難民流入で、東ドイツを吸収した西ドイツ以上の経済負担となる。中国も、国境内部に朝鮮民族が多数いるため、自由で豊かになった統一朝鮮と国境を接したくない。

・核ミサイルへの対処
- MD(ミサイル防衛)は無意味。多数の囮で偽装されたミサイル群が飛来すれば全数撃破できない。ないよりはまし。
- 核武装はNPT体制の崩壊につながるため米国との深刻な対立を招く。
- 先制攻撃論も非現実的。相手が撃ちそうになったら攻撃すると言うが、偵察衛星は一日に数度しかミサイル基地の上を通過せず常時監視はできない。また、弾道ミサイルはまず垂直に上昇し、その時点ではどこを狙っているか判らない。核を搭載しているかも判らない。日本が攻撃した後に「衛星だった」と主張されても抗弁不能。
- 地下防空壕への避難が効果的。被害を1/4に減らせる。

・どの国も国益優先
ベトナムがクメールルージュの虐殺を見かねてカンボジアに侵攻した際、米中はベトナムを非難した。当時、米中はソ連と対立しており、ソ連に接近したベトナムを敵視し「敵の敵は味方」というだけの理由で極左のポル・ポトを支援した。この3者の関係にどのような正当性があるか?
「価値観」「イデオロギー」といった抽象概念は外交の現実においては意味が薄い。国家は意外なほど目先の利益で変り身をする。

・台湾独立はない
中台双方が現状維持を願っており、日米韓など周辺国の利害にも合致する。

・中国の軍拡
18年連続2ケタ増は誤り。96年以降、03年をのぞいて実質10%の伸びが正しい。
軍事費増加の主因は経済成長(日本でも高度経済成長時代には同様な軍事費の伸びがあった)とインフレ(近代兵器の調達コストは年々上がっている)。
空母建造が話題になったが、米・英・仏・ロ・伊・西に加えて印・タイ・ブラジルや、実質的には韓国日本も持っているため、騒ぐのはおかしい。

・中国を敵に仕立ててはいけない
中国脅威論は、ソ連崩壊後「次の敵」が必要になった米軍による作為。一時は「次の敵」候補として日本が核武装するという日本脅威論も展開された。テロとの戦いという「次の敵」を見つけた米国は中国との融和に切り替えた。
日本に脅威論が流布されるのは、日中接近が過ぎると米国の国益に背くため。冷戦思考を引きずって「米国は日本の味方、中国の敵」と単純に見てはならない。日米は経済・防衛のパートナーであるが、中国市場を狙うライバルでもある。

---

・・と、無用な対立を助長する右寄りの言論を諌める姿勢です。
たしかに、ここまで世界経済が一体化した時代において武力で何事かを決着するのは現実的でないでしょうし、中台がミサイルを撃ち合って冨とインフラが集中している沿海部を戦火に巻き込めば資本は逃げ出し双方大損・・という見方には説得力があります。

とはいえ、中国軍が急速に近代化を成し遂げ、米軍の干渉を退ける行動を見せ始めているのも事実で、本書でも対艦ミサイルを搭載した中国の潜水艦が探知されずに米空母キティホークの至近距離に浮上した事件などに触れています。(ただ、その後、「しかし対艦ミサイルは使い勝手が良くない兵器だ」などと一般論へとスルーしており、良書だと思うのですが若干の”腑に落ちなさ”が残ります)

善隣友好は進めつつも、武士の心得の如く侮りを受けぬ準備は常に油断なく進めておくべきでしょう。
軍備は勿論の事、同盟国や諸外国との関係強化・スパイ防止法の策定・土地の取得に国籍制限を設けるなど(諸外国は外国人の土地取得にきちんと制限をかけているが、日本は法が整備されていない)、核武装などを考える前にすべき事は山ほどあります。

読むべし!


posted by 武道JAPAN at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

「グリーン・ミリテク」が日本を生き返らせる! 兵頭二十八

Twitterで知り合ったじゃが〜さんお薦めの本。著者は軍学者・兵頭二十八氏。

「核武装論の提唱や旧日本軍兵器の性能の再検討など、独自の切り口からの軍事評論で知られる(Wikipedia)」との事で、

・有事には自国を危険にさらしてまで米国が日本を守るはずはないから「核の傘」は機能しない
・ミサイル防衛は役に立たないだけでなく、日本の核武装を妨害しお金と技術を日本から吸い上げる策謀


と主張しているらしい。おお、全くその通りじゃないか!今まで一冊も読んだことがなかったなんて!と最新の著作を買ってみた。

「グリーン・ミリテク」とは地球に優しい軍事技術の事。本書では、米国がすでに軍のグリーン化に舵を切り軍事と環境技術の両面で次世代の覇権を目指している現実や、日本の取るべき施策を論じます。以下メモ。

・・・

●地球温暖化?実は寒冷化?

どちらにしても、起こり得る未来に対して備えるのが為政者の責務であり日本以外の主要国はぬかりなく準備を進めている。
温暖化すれば北極海が航行可能となって「地中海化」し、パナマ運河を使わず輸送できる可能性をアメリカは調査しているし、流氷が押し寄せなくなれば沿岸で天然資源の掘削が可能になるとロシアは色めきたっている。

●米国は軍のグリーン化を進めている

イランが核開発に成功した場合、サウジやUAEは武装に走りイスラエルも黙っていない。混乱が起きればテロリストが核を入手する可能性も高まる。
その状況で中東に核使用を伴った戦火が広がれば原油価格の暴騰は必至。戦争に至らなくても、これまでのように安価な石油を自由に使用できなくなる。

石油が途絶えれば戦闘機は飛ばず、軍艦も戦車も動かず、米国が世界に行使できる影響力は封殺される。そこで米国は、国内産出の石油を極力温存しつつ、環境に名目を借りた脱石油戦略を進め未来の優位性を確保しようとしている。既に陸軍は全車両をディーゼル化し、空軍はボーイングや戦闘機をバイオ燃料で飛ばし、海軍は廃船まで燃料棒の交換が不要な船舶用原子炉を設計している。

●米軍需産業が未来の輸送技術を独占する

米国人はガソリン車を選好するため、国内にディーゼル車が少ない(ヨーロッパでは逆にディーゼルが主流)。ディーゼルエンジンは軽油の他にヒマワリや菜種の油、ヤシから取れるパーム油など多様な燃料を燃やすことができるが、ガソリンエンジンにはエタノールくらいしか適合せず、米国で自給可能なエタノール原料はトウモロコシしかなかった。そのため、ブッシュ時代にトウモロコシ由来のバイオエタノール増産に舵を切ったもののの、食料価格高騰という副作用が出て中止した。

現在は、軍を筆頭にディーゼル車の普及やバイオ燃料の利用、原子力化を急いでおり近未来には一般の輸送機器にも普及させる戦略。このまま行けば未来の輸送技術は米国軍需産業が掌握し、日本の(自動車)メーカー存亡の危機。

●日本も核武装どころではない

そもそも中東から最も遠いのに、いつまでも石油が安全に手に入ると前提する方がおかしい。
燃料の脱石油化のみならず、戦闘機を陸上基地からコントロールする兵器無人化技術を構築すればパイロット訓練が不要となり膨大な燃料が節約できる。また、イージス艦の電子頭脳を山中の基地に移設できれば、電子機器維持のため「浮かぶ発電所」と化している船舶の構造を格段にシンプルなものにできる。

中東情勢が悪化し、石油リッター1万円時代が来れば経済的にも大打撃。国内の産業は荒廃し、備蓄された食料があっても輸送できずに餓死者が出て、冬の寒冷地では凍死者が出る。

●中国は発展すればするほど戦争ができなくなる

かつてのように「下放」政策で農村地帯に人民を分散させた時代と異なり、現在の中国では富裕層やインテリ・冨や重要インフラは攻撃を受けやすい沿海部の都市に集中している。都市には自給自足圏がないため、戦時体制になれば機能が麻痺する。

●米支間に密約アリ

米国にとって最大懸念は核の拡散。中国は北朝鮮やパキスタンやイランの核開発を直接間接に支援し、中東情勢を不安定化させて石油に依存する米国にダメージを与えつつ、テロリストに核が渡る危険を助長して米国を困らせる。

冷戦時代に日本に売ったF15戦闘機は、ソ連崩壊後に東アジアで突出した攻撃力になってしまった。F22を渡さないのは対ソ警戒が不要になった後の日本の軍事力を削ぐため。これは中国にとっても望ましい。

日本に武装を許さず、米中で都合よくコントロールしようという密約がある。(→ 中国の「核」が世界を制す

●間接侵略からの防衛は当該国の有権者だけがなし得る

国民や(その代表である)政治家が国を売れば軍隊が居ても防衛できない。台湾は、台湾人が中国との統一を望むか否かで運命を決められるし、キューバ人は米国が大嫌いだったので独立を保った。

外国人参政権などの売国政策を止められるのは日本の有権者のみである。

・・・

日本では、どうもリアリズムに根ざした議論が不足しているようですが、人の善意を信じたり未来を楽天的に考える事と、事実に基づいてロジカルに考える事とはけっして矛盾しません。

その点で、軍事というのは全てのキレイゴトを剥いだ「リアリティの中のリアリティ」ですから、世界を現実的に見る目線として非常に参考になります。

読むべし読むべし読むべし!



posted by 武道JAPAN at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。