2009年05月31日

世界のインテリジェンス―21世紀の情報戦争を読む 小谷賢 編著

米、英、独、仏、露、イスラエル、そして日本のインテリジェンス・コミュニティ(情報機関)について詳細に論じた本。上記7ヶ国について、7人の専門家が共同で執筆している。

-----
●米国

CIAをはじめ16もの情報機関を持ち、職員数は10万人、総予算は400〜600億ドル(公開されていないため推定)。
これだけの規模を持ちながらも、本書では総じて米国の諜報能力は低く、英国やイスラエル、ロシアや中国にまで劣るとしている。その理由は以下の通り。

・社会的にインテリジェンスを汚いものと見て蔑視する傾向
・1941年に第2次大戦参戦のため急ごしらえで作ったという後発性
・その後の野放図な機関の設置と抜本的なデザインの刷新を怠ってきた事

-----
●英国

早くから情報機関が存在し、近代化に合わせて発達した。また、各情報機関同士や、政策サイドと情報サイド間に、信頼関係と協力体制があり、規模の割りに非常に高い成果を出してきた。その理由は以下。

・歴史的に、国難に対して一致協力してきた国民の記憶が共有されている
・情報は「紳士のホビー」と呼ばれ、社会的地位が高い
・「政権より王冠に忠実」と言われる中立的な官僚機構が、政変に関わらず長期的な国家戦略を維持している

もっとも、近年は政策決定が官邸主導型となり、情報の成果がうまく活用されていないようである。

-----
●日本

「日本版CIA」と称される内閣情報調査室は、内閣衛星情報センターの300名を加えても500名ほどの人員しか居ない。

敗戦で壊滅した情報機関は、共産主義への警戒を伴って復活した為、対外諜報(ヒューミント)よりも内諜機能に主が置かれた。

内閣情報室・外務省・防衛省・自衛隊・警察・公安などが個別にインテリジェンス活動を行っており、全体では相当量の情報を生み出しているが、各機関の情報共有体制や、情報を統合して国家の意思決定に役立たせる機能が不十分。

日本にインテリジェンス・コミュニティが確立されない理由は以下の通り。

・省庁の割拠性が強く、政府全体の中長期ビジョンを持った戦略が描けない
・長らく対外インテリジェンスの強い必要性がなかった
・インテリジェンスをタブー視する文化が根強い(戦前の特高警察や憲兵の乱用)

とはいえ、上海総領事館員自殺事件や、不安定化する東アジア情勢を背景に近年では国家の知性たるインテリジェンスの必要性が認識され始めている。

-----
●その他に

ロシア/ 優秀な対外情報機関であると同時に、政権を維持する為の「統治機構」である。

イスラエル/ 総人口700万に対し情報機関員は12000〜15000人。情報に国家存亡を賭けている。

など
-----

米国がインテリジェンス後進国であるという論は意外な気もしますが、本書ではそのように分析されています。ただ、近年有名になった「エシュロン」等についても簡単に触れているだけなので、この世界の事は専門家でも確定的な分析は困難なのでは?と思います。

いずれにしろ、国益の追求がぶつかり合う国際政治の舞台では「国家の知性」・・情報を収集し、分析し、国家の意思決定に重要な判断基準を与え、かつ機密情報を漏らさない仕組み・・が、明暗を分ける事は間違いありません。
国民も、世界有数の国力にふさわしい「国家の知性」を、政府に対して真剣に要望すべきでしょう。

中国や韓国など、我々の身近な国については「時期尚早」との事で項がないのが残念ですが、各国の情報機関が発達してきた背景や、図解で示した具体的な組織構造・人員・予算・意思決定組織などについて解説されている資料的価値の高い一冊です。






posted by 武道JAPAN at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

裸でも生きる−25歳女性起業家の号泣戦記 山口絵理子 【武道家の書いた本】

武道家の書いた本?という事でもうひとつ。

著者の山口さんは、途上国でその国の素材と技術を使ったバッグやサイフを作り、援助ではなくフェアトレードによって貧しい国に未来を切り開こうと奮闘している女性起業家だ。
わずか25歳で単身バングラディッシュに渡り、まさに無手勝流で事業を始め、何度も裏切りや挫折にあいながら、遂に「マザーハウス」というブランドを成功させる。その過程を綴ったのが本書である。

最近はメディアに登場することも多く、どこにあのエネルギーと情熱が隠れているのか不思議なほど、ほっそりとした美貌の女性(書籍の帯についている写真は良くないですね。実物はもっと綺麗な方です)であるが、中学時代は不良だった、と書いてあり意外。

小学校でイジメに合い、中学で不良化してケンカに明け暮れた末に柔道部に入り、たちまち夢中になって高校進学時には柔道の強い学校を選ぶが、なんとそこには男子柔道部しかなく、ゴツイ男子に混じって稽古をしたというから普通ではない。
高校3年で、全日本ジュニアオリンピック全国7位の実績を残して引退するまで脇目もふらず柔道一直線。そこからハタと気づいて猛然と受験勉強を始め、慶応に合格したというのもスゴイ。大学4年の春に途上国の開発援助を行う国際機関のインターンに選ばれてワシントンへ渡り、そこから途上国支援の道に踏み込んで行くわけだが、とにかく尋常でない行動力と集中力!諦めない!

このバイタリティは柔道によって培われた・・のかは結論できないが、とにかくスゴイ人である。ほとんどの日本人が「ぬるい」現実に文句を言いながらも、ぬくぬくと生きているのに較べて「この人は何なんだあ!」と唸らせる。

「社長TV」のインタビューも一見の価値がある。
http://www.shachotv.jp/president/channel.php?president_id=124

今回は本の詳細は書かない。書いても仕方がないと思う。読んでほしい。

最後に一言。

この人は「全力で生きている!」


posted by 武道JAPAN at 07:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 読書記録(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

救国の戦略 小山和伸 【武道家の書いた本】

素晴らしい本であり、書き手が武道家である。なお素晴らしい。

著者の小山和伸さんは居合道「無双直伝英信流」七段。神奈川大学経済学部教授。
39歳という記録的な若さで東大より経済学博士号を授与された、まさに文武両道の士。論理的で説得力があり、「今の日本が、相当深いところから何かおかしくなってゑると感じてゑる人は少なくない。」と、旧仮名遣いの見事なリズムを持った名文。加えて愛国の熱い魂が行間から滲み出ていて心を揺さぶられます。

第1部「日本凋落の真因を探る」で日本民族の歴史的成り立ちから、現在の凋落を招いた内的・外的要因を経済、政治、文化の各側面から分析。
第2部の「経済大国日本の形成過程」では、後発工業国の経済発展過程を説明するガーシェンクロン・モデルを紹介しつつ、経済が経済単体では永続的な繁栄を維持できず、必ず政治・文化・技術・軍事等と相互作用を及ぼしながら連関する「多元的モデル」を提唱。
第3部「日本再興への戦略」ではグローバル化する世界の中での、政治・文化・経済・国防・憲法改定等に関して具体的な戦略を提示する。

2002年の出版ですが、あらたに読み返してみて大いに唸りました。 以下メモ

-----
●日本文化
-----
・支那や朝鮮から渡来した勢力により原住倭人が圧倒されたというのは、中華思想に根差した俗説である。

・古来日本は独自の文化圏と考えるのが理に適う。服飾品の類似を根拠に朝鮮からの民族渡来説があるが、それは文化交流の証拠にはなっても日本人が朝鮮人の子孫という理屈にはならない。背広を着ておれば英国人の子孫か?

・支那や朝鮮では肉食が主で、日本食は魚。食文化は、最も保守的で変わり難いものであり、これひとつ見ても日本が独立した文明であるのは明白。

・渡来人が支配層になったのなら、その出自を誇りとする社会が形成されたはず。隠匿する必要がなぜあるのか?米国におけるWASPの立場を考えてみよ。

・大陸から一方的に文化が流入したと考えるのもおかしい。双方向の交流があったはずである。

・「恒武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であり、皇室のルーツは朝鮮」などと言う暴論があるが、恒武天皇の生母、即ち光仁天皇の后は、百済より帰化した斯我君より下ること270年・・帰化後、十数代経っている。そもそも、皇位継承は男系男子なので、后が誰かは関係ない。

・弥生人と縄文人が別民族と言う説も疑わしい。稲作による食の変化が体格を変えたと考えるほうが合理的。

-----
●日本凋落の原因
-----
・「経済一流、政治は五流」ではダメ。政治経済文化は有機的に関連している。経済力相応の軍事力を保有するか、政治力相応の経済に落ちぶれるか・・である。

・勤勉なだけではダメ。単純なる「善人」は国際社会では競争劣位となる。

・国際感覚を持った政治家が不在。国民は「真の政治家」を強く待望せよ。

・第2次大戦の終結を持って世界は平和になったと思っている日本人が多い。国益の拡大を掛けた戦争は執拗に続いている。経済は銃を使わぬ戦争であり、文化の侵食も戦争である。文化侵略により、食文化や広範な意味でのカルチャー特に自らの国語を失った国は滅ぶ。

-----
●経済大国
-----
・ガーシェンクロン(ロシアの経済史家)モデル=後発国が工業化するとき、先発国の成果を一気に導入できるため、後の国ほど加速度的な発展が可能になる。

・産業革命は英国で発祥し、量産化モデルを採用した米国や、伝統的な徒弟制度を活かして高級品作りに向かったヨーロッパ、官主導から民間払い下げコースを取った日本など、発展過程が違う。
日本には、江戸時代から続く商業の伝統と民間に蓄積された富があったため、官→民間モデルがうまく機能した。民の受け皿が発達していなかった中国やソ連は、ずっと国主導(共産主義)でやった。

・ソ連崩壊後、共闘目的を失った米国は日本を経済の敵と見なして戦争を仕掛けたが、日本人の善人性が状況を見誤らせた。日本では自助努力(努力、工夫、勤勉)や他国との共生を考えるが、日本以外の国では闘争が常識であり、勝つために政治圧力、恫喝、罠、情報操作など何でも仕掛けてくる。

-----
●日本再興
-----
・戦略とは目的達成のために編み出される(事実の「客観的判断」)
・目的とは、理想から導かれる(理念や価値観、信条などの「価値的判断」)

理念や価値観がある人や国家は強い。覇権国は「自国の権益拡大」を至高の是とする価値観に貫かれて、長期的に執拗な戦略をもって攻めてくる。従軍慰安婦問題も南京虐殺キャンペーンも、自国権益拡大の戦略であって、感情から発しているのではない。謝罪して宥めようという対応が間違い。

日本も、まず「誇るべき歴史と伝統、独自の文化を持つ我が国を守る」という理念を明確にする事。
その大目的のために戦略をもって外交に臨むべし。そのためにも正当な歴史教育が必要。

◆経済

・円の国際化をはかり、米ドルの一極支配を終焉させよ(管理人:スゴイ事を書いてるな〜。もうドルの一極支配は終わりそうですが)
・特許を債権化せよ

◆文化

・これからは文化的な独自性を発信できない国は呑み込まれる。独自性を発揮できる人材教育制度を持て。大学で一教科のみによる入試を実施し、特定分野に特殊なほど能力のある人材を迎えよ。

◆外交

・国際社会で「友好的」というのは「戦闘状態にない」くらいに考えよ。主権の侵犯に対しては毅然と対応。謝罪ばかりしてもダメ。虎に肉を与えればいつか草食動物になるか?

・闘いは理性的かつ機械的に淡々とすべし。「決断」だの「堪忍袋」だのを持ち込むと機を逸するし、継続性の乏しい場当たり的な対応になりやすい。

・外国から賄賂を受け取る売国政治家を許すな。

◆防衛

・対米依存は麻薬。情報衛星の取得・スパイ防止法の制定・継戦能力の拡充(特に弾丸の備蓄状況は最悪)を計り、核武装せよ。

◆憲法

・戦時国際法違反によって作られた現憲法は速やかに廃止せよ。同様の状況下で憲法を制定されたドイツでは、戦後何十回も改定している。

・制定したGHQのメンバー自身が「日本が主権回復したら直ぐに廃棄されるだろう」と思っていた。

・自主憲法制定を党是とする政党が必要であり(自民党は党是としているが最早怪しい)党勢の拡大にはマスコミ対策が重要となる。

-----
●その他 感銘を受けたところ
-----
・日本の国体/ 「幸ふ祈り」「大いなる和」「君民共治」。天皇を神と称える心は軍国主義の産物などではなく万葉集の昔から続いている。

・武士道/ 戦いを常とする心構え・敵に侮りを受けぬ警戒と慎み・身形の清潔さと凛とした立居振舞い

・国民の本当の幸福は目先の景気などにはない。その国の国民たるの誇りと自信、国家百年の姿を展望し得る希望と充実感こそ、真の幸福である。

-----

・・・と、専門の経済学から少々はみ出した広範な論を展開されています。

出版から時間が経っている事もあり、さすがに全ての分野に実効性を感じられる具体的戦略が提示されているとは言い難いですが、憂国の情を漲らせた素晴らしい名文で、一読、二読の価値大いにありです!文武両道のサムライが、居合で鍛えた精神力で反日・売国の輩をバッサリ斬るのも痛快です。読むべし!



posted by 武道JAPAN at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

守るべき日本の国益 ― 菅沼レポート 菅沼光弘

著者の菅沼氏は、95年まで公安調査庁の対外情報調査部門部長だったとの事で「菅沼レポート」というタイトルに期待して読んだが、「諜報のウラ話」的な情報は少ない。ある程度世界情勢について勉強している人なら、概ね知っている内容です。(まあ、そういう事しか話せないものなのかもしれません)

ただ、全体として平易な言葉で判りやすく書いてあるので国際情勢の入門書としては良いでしょう。

・日本は平和ボケしているが、世界には戦争が満ち溢れている。武器を使う戦争以外にも諜報戦や経済戦争があり、日本も渦中にいる。

・80年代以降の日米経済摩擦も、日本では「経済摩擦」、米国では「経済戦争」と言われる。そのくらい意識に差がある。当時の大蔵省や経産省の持つ経済情報は世界でもトップで、米国はまずこれらの機関を潰しにきた。

・その経済戦争ではロバート・ルービンの指揮の元、ティモシー・ガイトナーやローレンス・サマーズ(みなユダヤ人)が手足となって日本に戦争を仕掛けた。オバマ政権にも同じような顔ぶれが並ぶ。彼らがどんな役割を担うのか徹底的に調べる情報戦が必要。

・国際社会では当たり前のことだが、同盟国であっても自国の利益を優先するので米国に安全保障を頼りきりの状態は危険。自国に都合の良い情報しかくれない。

・先進国で唯一、統一された情報機関がない(米国が作らせない)のが日本の重大問題。憲法で武力行使を禁止している日本は、紛争を回避するためにも情報活動は他国以上に必要。現在、内閣や警察・自衛隊等に分散している情報機関を統合する組織を持つべし。

・米国は北朝鮮より日本の核武装を警戒している。6カ国協議は、米国が日米同盟から手を引いた後の集団安全保障体制に移し変えられてゆく。「米露中朝という核保有国」&「中朝韓という反日国」の枠組みの中で、日本は困難な立場になる。

・北朝鮮とは国交回復を急げ。そのほうが拉致問題の解決も進展する。北朝鮮のウラン埋蔵量は潜在的には世界最大とも言われ、各国はこれを狙って投資を加速している。既に160カ国と国交があり、日本単体で経済制裁をしても無意味。かつて日本が把握する北朝鮮情報は世界一だったが万景峰号の入港を禁止したりして、さっぱり判らなくなった。

・オバマ政権ではアフガン派兵を要請されるが、なぜ日本がイスラムの人々を敵に回す必要があるのか。70年代のオイルショック時にイランは日本を助けてくれて人的交流が大いに進んだのに、今は米国の同盟国という理由で嫌われている。

・日米安保には、日本が攻撃された場合、米軍が日本を守るとは一言も書いてない。「アメリカが守ってくれる」という幻想は捨てよ。

・自由化、グローバリズムといった価値観の押し付けは日本の価値観解体戦略。国益に適わない。お金が全てではない。「一君万民」「和をもって尊しとなす」日本の価値観を大事にせよ。

-----
この著者には、中丸薫さんとの共著で「この国を支配/管理する者たち―諜報から見た闇の権力」(2006年発行)という対談がある。こちらに書かれていた小泉改革の舞台裏の話が面白かった。

・小泉改革は、自民党経世会を潰す戦いでもあった。郵政族のドンである野中広務の資金源を断つため、同和利権(野中氏も同和の人)で肥えた「食肉の帝王」浅田満のハンナングループを解体した。

・靖国参拝で中国との関係を悪化させ、江沢民以来の中国利権を独占していた経世会(竹下〜野中)を攻撃した。

・裏社会では稲川会(小泉、ハマコーら)と山口組(野中、亀井、古賀ら)の戦い。小泉は祖父の代から稲川会と関係があり、ハマコーも関係者。さらに稲川会はアメリカの裏社会(ブッシュファミリー)と関係がある、など。
-----

日本を取り巻く現状を、諜報の「現場」を踏んできたオヤジさんから教えて貰いたい!という人には最適です。読むべし!




posted by 武道JAPAN at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜 安部芳裕

タイトルと表紙のデザインが安っぽいので損をしているが内容は充実している。経済と社会の仕組みを知り、近づいている国家の破綻と、その回避法を考えるために必読の書。

まず日本国の財政がまもなく破綻する現実をデータに基づいて解説し、こうなった由来や、そもそもお金とは何か?を歴史の始まりから概観する。
そして、現在の貨幣制度の持つ欠陥と補完方法までが提示されている。

著者の安部芳裕さんは、地域通貨の立ち上げを機に「お金」の猛勉強をする事になり、知り得た内容をブログに展開し、国際金融資本に対抗するネットワーク「反ロスチャイルド同盟」を立ち上げるなどの活動をしている人。

知っているようでいて本当には判っていなかった「お金」の事が見事に整理されて頭に入ってきます。以下メモ。

------
日本は財政破綻の過程に入っている
------

・日本国債はハイリスク(国の借金が大きすぎる)ローリターン(低金利)のため引き受ける外国人はおらず、国民の預貯金を原資に購入されている

・国の借金は900兆円+隠れ借金(特殊法人や公益法人の赤字)400兆円=1300兆円。これが、全国民の金融資産1500兆円に達したときに財政は破綻する。ちなみに(不可能なことだが)国有資産を全部売り払っても700兆円しかないため、返済に足りない

・破綻した場合に想定されるシナリオ

1)債務帳消し
借金の返済をやめる(債務不履行)。国債を買っている銀行や保険会社は倒産し、日本円の信頼は失墜するため円の価値は下がりハイパーインフレとなる。または預金封鎖をし、必要最小限の資金しか下ろせなくなる(昭和21年に政府はこれをやった)

2)大増税
預貯金や不動産に大幅課税。環境税導入、社会保険料引上げ。消費税30%

3)財政暴力発動
お金をじゃんじゃん刷る>お金の価値が下がる>ハイパーインフレ
例えばお金の価値が100分の1になれば、1000兆円の借金も実質10兆円程度になるため、政府は国有資産の売却などで借金返済>国民は、お金が100分の1の価値になって貯めた貯金はパーになる

これらのどれか、または全てが起こる。
海外に資産を逃避していた人以外は無一文同然となる。円が暴落し、外国から食料も石油も買えず、企業活動は急停止し、最悪の場合は飢餓が蔓延する

・破綻回避には政府紙幣の発行が良作
通貨の発行権は中央銀行と政府が持っている。現在は紙幣=日銀・硬貨=財務省が発行しているが、政府が紙幣を発行しても良いし、担保も不要。一気に借金返済は可能である。国債を発行するより数段優れた破綻回避策になる
(管理人注:それでインフレにならないのか?と思いますが、詳しくは書いてない)

------
グローバリゼーションは強者にのみ有利
------

・かつて植民地化の時代、各国の自給自足経済は破壊され支配国への原料供給と、支配国からの製品を買う市場にされた

・大戦後に独立したものの、既に工業化を成し遂げていた先進国には競合できず、多くの国々が一次産品の生産と輸出に従事した

・わずか30品目程度の一次産品を100カ国以上が作るため豊かになれず、先進国から援助という名の借金をさせられ経済的な鎖につながれている

・経済援助には構造改革の強制が伴い、教育・医療・福祉の切捨てや増税が行われ、ますます競争力が削がれてゆく

・これらを行うIMF、世界銀行、WTOなどは全て先進国が実権を握っており特に米国の意向が強く反映される

・日本のODAも、結局は日本企業が工事を受注しダムなどを作って電力を供給しアルミを作らせる。アルミ原材料の大半はわずか6社の多国籍企業が牛耳っているため、途上国は安い値段でアルミを売らねばならず、生活の向上に寄与していない

------
国際金融資本による支配
------

・国家は租税を徴収によって存続するため、税を生み出す企業を優遇しなくてはならない。また、企業は事業を行うために資本を必要とするため、通常は銀行から融資を受ける必要がある。ここに

(強) 銀行=金融資本 > 企業 > 国家 (弱)

という力関係が存在する

・最強国家アメリカさえ、金融資本に支配されている
米国の中央銀行(FRB)の理事は大統領に任命されるが、実務は連邦諮問評議会が行う。これは12の地区連邦準備銀行の代表者で構成されるが、最大の権力はNY連銀が握っている。NY連銀の株は、ロックフェラーやロスチャイルドといった金融財閥が全て保有しており、米国政府は持っていない

------
現在の通貨制度が抱える問題
------

・人間にとって必要な財やサービスが、お金を介在しないと入手できない

・通貨は、希少性を保つため常に足りない状態におかれており、争奪が発生する

・お金は、交換の手段&富の貯蔵手段、という二面性を持つため社会不安が増すと溜め込まれ、循環が悪くなる

・「利子」という仕組みがあるため、永遠に経済が成長することを強制する。しかし、地球は有限であり、いつか限界が来る。また、利子によって貧しい者から富める者へ自動的で一方向的な富の移転が行われるため、格差が拡大する

・資本は、自己増殖を目指して獲物を狩るように市場を移動する。生活を保護したり育成したりする機能は果たさず、利益が得られなくなると、荒廃だけを残して無責任に去る

・発行者が民意と関係のない権力を握る

------
日本の問題点
------

・一般会計80兆円に対し、官僚が無責任に使える特別会計200兆円弱。レントシーカー(利権に群がる魑魅魍魎)が国家の中枢に巣食っている

・市場による富の再生産がなされておらず、国債を発行して(国民の預貯金から)お金を吸い上げ、政官業の癒着構造を通じて上から流している(国民の富を消尽しているだけ)

・それでも、かつては上から流し込んだお金が末端まで行き渡った。今は終身雇用の崩壊や貸し渋りで、中小企業や非正規労働者にお金が届かない。社会の血液であるお金が届かない場所から順番に壊死している

・バブル後に流し込んだお金は銀行の不良債権処理に消え、銀行の赤字が国家の赤字に変わっただけ。国家の赤字は、やがて国民がツケを払うことになる

------
地域通貨が救う
------

著者は、現行通貨システムの問題点を補完する「地域通貨」の有効性を提唱し、通貨の発行を民主化しようと呼びかけます。

・「利子」とは正反対の「減価する仕組み」を入れる
・使わずに貯蔵すると価値が減る
・これにより循環が促進され経済が活性化される
・お金のコストは多く貯蔵する人(お金持ち)が払う
・地域通貨普及と経済民主化のためには、お金に関する共有知識を広く国民が得る必要がる
・国民の共有知識普及のために有効な方策はマスコミと教育であるが、残念ながら今はこれらに期待できない。少しでも多数の人が考え、知人友人にも広めてほしい

------

たしかに、我々日本人にとって「お金」に関する正しい知識は盲点のように知られていません。最近、巷にあふれるのは「手っ取り早く株で儲ける」とか、「サイドビジネスの始め方」・・といったようなノウハウが多いようです。

本書は、貨幣発生の過程や、最大の国際金融財閥ロスチャイルド家の歴史まで、相当な分量の「正しいお金の知識」がコンパクトに要約されていてものすごくお得な一冊です。日本と世界と、あなた自身と、あなたの大切な人々を救うために、いま読むべし!



posted by 武道JAPAN at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(政治経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。